JR西、受験生に「すべり止めの砂」配布 - 100トンのSLの空回りを防いだ砂

JR西日本は1月5日、「受験生応援プロジェクト」の一環として、関西線の奈良駅、王寺駅、伊賀上野駅で「すべり止めの砂」を配布すると発表した。

配布する砂は、かつて関西線を走行していた100トン以上のSLが勾配を走る際、車輪が空回りしないよう「すべり止めの砂」として使われていたものに、昨年に利益があったとして返却された砂を混ぜ込んで、奈良市内の神社で祈祷したもの。

奈良駅では、改札付近で、1月7日・8日の午後3時30分から午後7時30分、1月9日の午前9時30分から午後1時30分に配布する。

王寺駅では、中央改札付近で、1月7日・8日午後3時30分から午後7時30分、1月9日午前9時30分から午後1時30分に配布する。

伊賀上野駅では、改札付近で、1月7日・8日午前7時30分から午前9時に配布する。

配布される「すべり止めの砂」

昨年の奈良駅での配布の様子



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事