「修羅の刻」昭和編が最終回!川原正敏の次回作は月マガ4月号にて開幕

  [2016/01/06]

月刊少年マガジン2月号

川原正敏による「陸奥圓明流外伝 修羅の刻 昭和編」が、本日1月6日発売の月刊少年マガジン2月号(講談社)にて最終回を迎えた。

「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」は代々の陸奥圓明流の使い手が、時代の波にもまれながらも命を賭して戦う様を描く連作シリーズ。不破現、陸奥静流、ケンシン・マエダが登場した「昭和編」は、月刊少年マガジン2015年10月号から連載されていた。今作が収録された単行本16巻は、1月15日に刊行される。

また川原の最新作が3月5日発売の4月号にて開幕することが明らかに。詳細は次号3月号に掲載される川原へのインタビューで語られる予定だ。

なお次号3月号では、「フラジャイル」の原作者・草水敏による最新作「春よ来るな」が始動。マンガは濱崎真代が手がける。さらに八神ひろき「DEAR BOYS」特別編の集中連載もスタートする。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

パーツ同士のフィット感が気持ちいい、『マインクラフト』消しゴム発売
[21:00 5/31] ホビー
井上芳雄、ブロードウェイに立つ!「時間の許す限り観劇します」
[21:00 5/31] エンタメ
KDDI、1,310万画素カメラ搭載のAndroidガラケー「AQUOS K SHF33」
[20:59 5/31] 携帯
ますだおかだ岡田の娘・結実、父は「面白くない」とバッサリ
[20:58 5/31] エンタメ
KDDI、長時間駆動が可能な大容量バッテリー搭載スマホ「AQUOS U」
[20:54 5/31] 携帯

本音ランキング