プレイステーション4、年末・年始商戦期に世界合計570万台の実売を達成

 

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、「プレイステーション4」について、2015年の年末・年始商戦期(※1)に570万台(※2)以上の実売を達成し、2016年1月3日(日))時点での全世界累計実売台数が3,590万台(※3)が超えたことを発表した。

さらに、PS4向けタイトルは、2015年の年末・年始商戦期(※1)における販売店および「プレイステーションストア」での実売本数が2016年1月3日(日)時点で3,500万本(※3)を突破したという。

また、PSN上で名作ゲームが回数や時間の制限なく無料で楽しめる「フリープレイ」や、ほかのプレイヤーとPS4でネットワーク対戦・協力プレイが可能な「オンラインマルチプレイ」など、加入者専用の機能や特典が利用可能なメンバーシップサービス「プレイステーションプラス」は、2015年の年末商戦期(※4)の加入者数が、昨年同時期(※5)と比較して60%増加。

同社代表取締役社長兼グローバルCEOのアンドリュー・ハウス氏は、「この年末・年始商戦期も、世界中の多くの皆様に新たにPS4をお選びいただき、ユーザーコミュニティが更に拡大していることを大変嬉しく思います。本年は、SCEワールドワイド・スタジオの『アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝』、『New みんなのGOLF』、『人喰いの大鷲トリコ』をはじめ、ソフトウェアメーカー各社様からもこれまでにない圧倒的なPS4タイトルラインアップをお届けするとともに、革新的なエンタテインメント体験をご提供していきます。どうぞご期待ください」とコメントしている。

※1) 日本・アジアは2015年11月23日から2016年1月3日、北米、ラテンアメリカ、欧州は2015年11月22日から2016年1月2日まで。
※2) 実売数量は、同社調査による推計値。日本・アジアは2015年11月23日から2016年1月3日までの数値、北米、欧州およびラテンアメリカは2015年11月22日から2016年1月2日までの数値。
※3) 実売数量は、同社調査による推計値。日本は、2014年2月22日から2016年1月3日までの数値、北米は2013年11月15日から2016年1月2日まで、ラテンアメリカ、欧州は2013年11月29日から2016年1月2日まで、アジアは2013年12月17日から2015年1月3日までの数値。追加コンテンツは含まれまない。
※4) 2015年11月24日から2015年12月22日まで。
※5) 2014年11月24日から2014年12月22日まで。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』、10月放送開始! 新ビジュアルを公開
[16:55 7/29] ホビー
デル、直販サイトで「Surface Pro 4」を販売開始
[16:55 7/29] パソコン
スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア

本音ランキング