3D Systems、新3Dプリンタ「Projet MJP 3600」 - 前世代の2倍の造形速度

 

3DSystemsは1月4日、マルチジェット3Dプリンタの新機種「Projet MJP 3600シリーズ」とマルチマテリアル3Dプリンタ「Projet MJP 5500X」の新しいエラストマー材料を発表した。

「Projet MJP 3600シリーズ」は、前世代機種の2倍の造形スピードを誇り、最大250%のファイルサイズをサポートするデータ処理機能により、試作、鋳造、最終用途品の造形の要求に対して、広範囲な高生産性をもたらすとしている。

同シリーズには、ジュエリーの鋳造やその他のロストワックス鋳造アプリケーションの正確なパターンを造形するためのモデルが含まれているほか、歯科用途でのニーズに応える正確なモデルや鋳造ワックスを提供する。また、生体適合性材料により、歯科や医療向けのドリル、ガイドを含む高度な医療アプリケーションに使用することが可能となっている。同シリーズは、2016年1月下旬に出荷を開始する予定。

Projet MJP 3600シリーズ

同じく新発表となった「Projet MJP 5500X」のエラストマー材料2種類「VisiJetCE-BKエラストマー(黒)とVisiJet CE-NTエラストマー(ナチュラル)」は、650%以上の伸び特性を有し、破断しにくく弾性回復力を持つ。また、高解像度、高速造形モードで使用することができる。新しい「Projet MJP 5500X」で使用可能なほか、既存の「Projet MJP 5500X」ユーザーもソフトウェアの無償アップグレードにより使用可能となる。

なお、同発表では開発中のオフィスサイズ3Dプリンタ「Projet MJP 2500シリーズ」についても言及。同社によれば数社とのアルファテストに成功し、現在ベータテスト中とのこと。同シリーズの詳細は後日発表される予定となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー