LG、「L」シリーズの後継スマホ「K」シリーズをCESで発表

 

韓国LG Electronicsは4日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の展示会「Consumer Electronics Show(CES) 2016」で最新のスマートフォン「K」シリーズとして「LG K10」「LG K7」の2機種を発表した。

「LG K10」

「LG K7」

「K」シリーズは、同社のエントリーライン「L」シリーズの後継機にあたる若者層をターゲットとしたスマートフォン。背面に「glossy pebble」と呼ばれる凹凸のあるデザインを採用している。また、前面に2.5Dの「Arc Glass」を採用したことで、スムースでシームレスなスタイルを実現したとしている。

2機種ともOSはAndroid 5.1で、通信方式はLTEと3Gに対応する。レンズの前に手をかざしてカメラを起動、その手を握る動作でカウントダウンして撮影できる「Gesture Shot」をはじめ、「Gesture Interval Shot」「Tap and Shot」など独自のカメラ機能を利用可能。フラッシュも装備しており、暗所などさまざまなところでセルフィー(自撮り)を楽しめるという。

LG K10(LTEモデル)の主な仕様は次のとおり。チップセットは、1.2GHz/1.3GHzのクアッドコアまたは1.14GHzのオクタコア。内蔵メモリは2GB/1.5GB/1GB、ストレージは16GB/8GB。ディスプレイは5.3インチのHD(1280×720ピクセル)インセルタッチパネル。カメラはLTEモデルがメイン1,300万画素、サブは800万画素/500万画素。サイズは、W74.8×D8.8×H146mm。色は白、インディゴ、ゴールドの3色展開。

LG K7(LTEモデル)の主な仕様は次の通り。チップセットは、1.1GHzのクアッドコア、3Gモデルが1.3GHzのクアッドコア。内蔵メモリは1.5GB/1GB、ストレージは16GB/8GB。ディスプレイは5.0インチのFWVGA(854×480ピクセル)インセルタッチパネル。カメラはメイン800万画素/500万画素、サブは500万画素。サイズは、W72.5×D8.9×H143.6mm。色はチタンのみ。

それぞれ、スペックダウン版の3Gモデルも用意されている。なお、発売時期や提供地域については明らかにしていない。

人気記事

一覧

新着記事

橋本マナミ、堀北真希の早すぎる妊娠報道に「芸能人の宿命。しょうがない」
[11:47 6/26] エンタメ
たけし、舛添氏に退職金&ボーナスの返金要求「少し返せよ」
[11:15 6/26] エンタメ
爆問・太田、高知容疑者は「最近のニュース全部1人でやっちゃった」
[11:05 6/26] エンタメ
【ハウツー】知らない番号からの着信、いい対処策は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[11:00 6/26] 携帯
無駄遣いだと自覚している出費は? - 「飼っていないのに犬の餌」という人も
[11:00 6/26] マネー