LG、「L」シリーズの後継スマホ「K」シリーズをCESで発表

 

韓国LG Electronicsは4日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の展示会「Consumer Electronics Show(CES) 2016」で最新のスマートフォン「K」シリーズとして「LG K10」「LG K7」の2機種を発表した。

「LG K10」

「LG K7」

「K」シリーズは、同社のエントリーライン「L」シリーズの後継機にあたる若者層をターゲットとしたスマートフォン。背面に「glossy pebble」と呼ばれる凹凸のあるデザインを採用している。また、前面に2.5Dの「Arc Glass」を採用したことで、スムースでシームレスなスタイルを実現したとしている。

2機種ともOSはAndroid 5.1で、通信方式はLTEと3Gに対応する。レンズの前に手をかざしてカメラを起動、その手を握る動作でカウントダウンして撮影できる「Gesture Shot」をはじめ、「Gesture Interval Shot」「Tap and Shot」など独自のカメラ機能を利用可能。フラッシュも装備しており、暗所などさまざまなところでセルフィー(自撮り)を楽しめるという。

LG K10(LTEモデル)の主な仕様は次のとおり。チップセットは、1.2GHz/1.3GHzのクアッドコアまたは1.14GHzのオクタコア。内蔵メモリは2GB/1.5GB/1GB、ストレージは16GB/8GB。ディスプレイは5.3インチのHD(1280×720ピクセル)インセルタッチパネル。カメラはLTEモデルがメイン1,300万画素、サブは800万画素/500万画素。サイズは、W74.8×D8.8×H146mm。色は白、インディゴ、ゴールドの3色展開。

LG K7(LTEモデル)の主な仕様は次の通り。チップセットは、1.1GHzのクアッドコア、3Gモデルが1.3GHzのクアッドコア。内蔵メモリは1.5GB/1GB、ストレージは16GB/8GB。ディスプレイは5.0インチのFWVGA(854×480ピクセル)インセルタッチパネル。カメラはメイン800万画素/500万画素、サブは500万画素。サイズは、W72.5×D8.9×H143.6mm。色はチタンのみ。

それぞれ、スペックダウン版の3Gモデルも用意されている。なお、発売時期や提供地域については明らかにしていない。

人気記事

一覧

新着記事

北島三郎、ダウンタウン&坂上に『紅白』の裏側暴露 - 美空ひばりの思い出も
[09:05 7/29] エンタメ
トップ人材育成へ、東大らがセキュリティ演習環境を東京・八重洲に設置
[09:00 7/29] 企業IT
離島問題の解決なるか! ヤマトが進める漁業支援とは
[09:00 7/29] 経営・ビジネス
ロレアルの取り組みに学ぶ、企業が“社会的責任”を果たす意義
[09:00 7/29] 企業IT
Mac Fan 9月号発売! 特別付録は「MacでSwiftプログラミング」
[09:00 7/29] パソコン