乃木坂46・高山一実、自身初の短編小説を執筆 - 挿絵は深川麻衣が担当

 

初の短編小説を執筆した乃木坂46の高山一実

アイドルグループ・乃木坂46の高山一実が、自身初の短編小説を執筆し、5日、雑誌「ダ・ヴィンチ」サイトで公開された。

読書家として知られる高山は、「ダ・ヴィンチ」で、本の楽しさを伝える「乃木坂活字部!」という連載を持っているが、今回の短編小説はこの活動の一環として、昨年11月に行われたイベント「発想力鍛錬ワークショップ2015」で執筆を始めたもの。高山はイベント内で書ききれず、その後数日間かけて完成させた。

タイトルは『キャリーオーバー』。「僕は幼い頃、いじめに遭っていた」とい一文から始まり、人格を持ち、しゃべる宝くじとの物語だ。原稿用紙9枚、3,000字弱という作品となっている。

また、文中の挿絵は、乃木坂46メンバーの深川麻衣が担当。物語の世界観を、得意のイラストで表現している。

深川麻衣

高山一実

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー