DEAN FUJIOKA、ドS役に気合十分も「日常の会話に影響が出ないか心配」

 

NHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役で注目を集めている俳優のDEAN FUJIOKA(35)が5日、1月12日スタートの深田恭子主演ドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS系 毎週火曜22:00~22:54、初回15分拡大)の制作発表に出席した。

『ダメな私に恋してください』制作発表に主席したDEAN FUJIOKA

女性コミック誌『YOU』で連載中の同名漫画を原作とする同ドラマは、職なし、金なし、彼氏なしのアラサーダメ女・ミチコ(深田恭子)とドSな元上司・黒沢(DEAN FUJIOKA)を中心に織り成すラブコメディ。DEAN演じる黒沢は、現在は喫茶店「ひまわり」のマスターで、元ヤンで怖いが、ミチコを見かねてアルバイトとして拾うなど面倒見がいいキャラクターだ。

DEANは「ミチコを下僕としていじめ抜くので、ぜひお楽しみください」と気合十分だが、「ドSっていうものをよくわからず始めてしまって、今その階段を一歩ずつ上っている感じ。日常の会話に影響が出ないかすごく心配」と不安な思いも告白。「こんなしゃべり方、昔しなかったなっていうようなのがポロッと出てドキッとする」と語った。

また、共演者の三浦翔平と撮影の合間に格闘技について話をしていたことについて、「ドSのシーンのために?」と言われると、黒沢のドSは「暴力はなく言葉の導き。ボケたダメなミチコを正すみたいな行為」と説明し、「暴力反対です」と笑った。

そして、「黒沢は保護者という感じで面倒見がよく、困っている人をほっとけないという愛情にあふれたすてきな人物」と黒沢の魅力を熱弁。続けて、「とにかく口が悪い。もっと言い方あるだろって自分でも思っちゃうくらい」と口の悪さを指摘するも、「そういう設定なので、そこは容赦せず、黒沢の厳しさを頑張ってやっていければ」と意気込んでいる。

ドラマの中で調理姿も披露するDEANは「特訓しました。厳しい先生にドSな指導を受け、一石二鳥でした」と自信。深田も「すごい手際よく料理されている」と太鼓判を押した。

制作発表には、深田、DEANのほか、ミチコの再就職先の同僚・最上大地役の三浦翔平、黒沢の元カノ・晶役の野波麻帆、黒沢の幼なじみ・春子役のミムラも出席した。

左から野波麻帆、三浦翔平、深田恭子、DEAN FUJIOKA、ミムラ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ

本音ランキング