DAIGO、三が日CM出演本数1位 - 広瀬すず・小泉今日子のソフトバンク勢が続く

 

三が日CM出演本数1位のDAIGO

歌手のDAIGOが、1日~3日の三が日のテレビCM出演本数(関東地区)で1位だったことが5日、ビデオリサーチから発表された。

今年の三が日は、合計1万2,042本のCMが放送(前年は1万1,789本)。タレント別に見ると、ユーキャンやダイハツ工業のCMに出演したDAIGOが、合計374本で出演本数1位となった。

2位は、ソフトバンクや東京ガスに出演する広瀬すずで281本に出演。3位は、こちらもソフトバンクに出演する小泉今日子で258本だった。この上位3人は、前年の三が日では圏外だったが、大幅に出演本数が増加した。

上位20人は下表のとおり。上戸彩(5位)、玉山鉄二(6位)、武井咲(13位)、ローラ(18位)は、前年も20位以内に入っており、継続して多くの出演となった。

●2016年1月1日~3日 タレント別テレビCM出演本数ランキング
1位:DAIGO(374本)
2位:広瀬すず(281本)
3位:小泉今日子(258本)
4位:加藤ローサ(247本)
5位:上戸彩(228本)
6位:玉山鉄二(194本)
7位:城島茂(186本)
8位:あき竹城(179本)
9位:菅田将暉(176本)
10位:ももいろクローバーZ(155本)
11位:Dante Carver、樋口可南子(150本)
13位:武井咲(139本)
14位:阿部寛(134本)
15位:桜井日奈子(132本)
16位:西田敏行(129本)
17位:劇団ひとり(128本)
18位:黒島結菜、ローラ(119本)
20位:柴咲コウ(114本)

なお、企業別のテレビCM本数が最も多かったのはソフトバンクで301本。以下は、スズキ(280本)、ダイハツ工業(249本)、Cygames(グランブルーファンタジー、203本)、エレックスワイヤレス(クラッシュオブキングス、186本)と続いている。

2位の広瀬すず

3位の小泉今日子

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

HPE、サイバー犯罪を後押しする地下経済を検証したレポートの日本語版発行
[11:35 7/25] 企業IT
2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第7回 変わりゆく就職戦線 - 戦略転換からみた教育支援の在り方
[11:30 7/25] テクノロジー
胎児もつらいよ! 第5回 違うよママ! ぼく、男の子だってばっ!!
[11:30 7/25] ライフスタイル
ハーゲンダッツカフェが代官山に登場! 夏だけの濃厚アイスの楽しみ方とは?
[11:30 7/25] 趣味
ポケモンGO効果でARソフト市場が2020年に3兆円規模に - TradeForce
[11:22 7/25] テクノロジー

本音ランキング