トヨタ、フォードらとSDLの展開にむけた共同開発枠組みの構築に合意

トヨタ自動車(トヨタ)は1月4日、フォード・モーター・カンパニー(フォード)およびその子会社リビオと、同社の「スマートデバイスリンク」(SDL)の展開で協力すべく、共同で仕様開発・運営を行う枠組みを構築することで合意したと発表した。今後、ほかの自動車会社やアプリ開発会社にも、参画を呼び掛けていくほか、トヨタとしても今後、SDLを用いた車載システムをを商品化する予定。

SDLは、スマートフォンアプリと車両がつながるためのオープンソースプラットフォーム。音声認識機能や車載の操作パネルで、車内でもスマートフォンアプリを操作し、エンターテイメントや道路情報などを利用することができるようになる。

また、SDLを採用する自動車会社が増えれば、アプリ開発者はSDLを用いて、複数社の車載システムと互換性のあるアプリを一度に開発できるため、短期間でより多くのアプリを提供できるようになる。

トヨタは「クルマの特性に合った、安全に、安心して利用いただけるスマートフォンとの『つながる』サービスを開発することが、自動車会社だからこそお客様にお届けできる価値だと考えている。そうした思いを共有する多くの会社が、SDL展開に向けた今回の取り組みに参画いただけることを期待している」とコメントしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事