Cerevo、自走するプロジェクター搭載ロボ「Tipron」をCESで発表

 

Cerevoは1月5日、プロジェクターを搭載した可変型ホームロボット「Tipron(ティプロン)」を発表した。米ラスベガスにて1月6日(現地時間)から開催される「2016 International CES」(CES 2016)にて展示する。発売は2016年内で、価格は10~20万円の予定だ。

Tipron

Tipronは、3m先に80型相当の画面サイズで映像を表示するプロジェクターユニットを備えたホームロボット。可変機構を備えており、充電時や移動時は全高約40cm、映像投影や写真撮影時は全高約80cmのプロジェクション形態に変化する。プロジェクターユニットの可動範囲は、上下(ピッチ軸)が-65度~+90度、左右(ヨー軸)が±90度、回転方向(ロール軸)が±90度。壁や天井にも映像を投影できる。

充電ステーションにも自動で戻るほか、あらかじめ場所を設定しておけば、全自動で指定場所へ移動する。スケジュールを設定し、決まった時間に指定場所へ移動させることも可能だ。スマートフォン用アプリからは、Tipronに搭載されたカメラの映像をスマートフォンでストリーミング再生しながら手動で操縦できる。アプリの対応OSはAndroid。

変形する機構を備える

Twitterのハッシュタグやタイムラインなどを登録できる「ネット連携機能」を搭載。たとえば、スポーツ中継のハッシュタグを登録しておき、当該スポーツ番組の放送時間になるとテレビの横まで移動して、ハッシュタグで書き込まれたメッセージをテレビ横に投影し続けるといった使い方が可能だ。今後はさらにネット連携機能を拡張し、動画配信サービスにも対応する予定。

プロジェクターの最大解像度はHD(1,280×720ドット)で、輝度は最大250ルーメンだ。台形補正機能、オートフォーカス機能を備える。背面にはHDMI端子を装備。ストレージに保存した動画のほか、パソコンやレコーダーなどHDMI接続した機器の画面も投影できる。モノラルスピーカーを搭載。カメラの画素数は500万画素。バッテリー容量は5,800mAhで、約2時間で充電される。バッテリーは最大2本搭載できるが、標準では1本のみ付属。バッテリー2本搭載時かつ最大輝度設定時の駆動時間は約2時間となる。サイズは変形前でW300×D340×H400mm、変形後でW300×D330×H800mm。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー