「iPhone 7 Plus」に大容量バッテリと256GBモデルの噂 - 海外報道

 

今年9月ごろに発表されるとみられる次期iPhoneに関する噂が出始めている。信憑性に関してまだ疑問符がつくものの、iPhone 7 Plusでは現行世代よりもさらに大容量のバッテリとストレージを搭載する可能性があるという。

同件は、MacRumorsが報じている。もともとの情報は中国のMyDriversというWebサイトが報じたものであり、同サイトは、以前「iPhone 7C」の名称で4インチ版iPhone登場に関する話題を紹介したことで知られている。それによれば、5.5インチ版の後継モデルにあたるiPhone 7 Plusでは256GBのストレージオプションが用意され、さらにバッテリ容量はiPhone 6s Plusの2,750mAhから12.7%増の3,100mAhに増量されるという。

ただしMacRumorsが指摘しているように、現行のストレージオプションは16GB、64GB、128GBの3種類で、これに256GBが4つめのオプションとして加わるのか、あるいは16GBのような低容量モデルが廃止されるのか、といった部分での疑問が残るという。また、バッテリ容量を増やすということは本体の体積が増えることを意味しており、この場合に本体の薄さを維持できない。ただ、現状で出てきているほかの噂を加味する限り、薄さに関しては現状のままか、若干薄くなる方向を目指す可能性のほうが高いため、ここでいわれるようなバッテリ容量増加は難しいのではないかと疑問を呈している。

いずれにせよ、MyDriversの情報自体に実績がなく、情報の信憑性に疑問符がついているため、「こういう噂もある」程度に考えていたほうがいいのかもしれない。

人気記事

一覧

新着記事

夏ボーナスの使い方、「貯金・預金」が過去最多
[13:31 7/1] マネー
「仮面ライダーハート」と「仮面ライダーマッハチェイサー」の姿が明らかに
[13:21 7/1] ホビー
実家暮らしの人は家に月いくら入れてる?
[13:18 7/1] マネー
真矢ミキ、高島礼子ファン公言の高知容疑者に怒りの涙「一番悲しませてる」
[13:13 7/1] エンタメ
村田製作所、3225Mサイズ/100Vで静電容量100μFの積層セラミックコンデンサ
[13:10 7/1] テクノロジー