Samsung、CES 2016でDolby Atmos対応のサウンドバー「HW-K950」を発表

 

韓国Samsung Electronicsは、1月6日(米国時間)から米ラスベガスで開催される「2016 International CES」(CES 2016)にて、Dolby Atmos対応のサウンドバー「HW-K950」を発表する。

HW-K950によるサラウンド環境の再現イメージ

HW-K950は、Samsung Electronics初のサウンドバー製品で、Dolby Atmosに対応。天面に向けて2基、フロントに向けて3基のスピーカーを内蔵しており、音を壁や天井に反射させることで5.1.4ch構成のサラウンド環境を再現する。さらに、サブウーファーやリアスピーカーユニットとのワイヤレス接続も可能となっている。

HW-K950(左)のほか、Wireless Audio 360の新モデルも出展

また、ワイヤレススピーカー「Wireless Audio 360」の新モデルも発表。新モデルではカラーバリエーションを追加している。独自のリングラジエーターを搭載し、バランスの取れたサウンドを実現する。

連携アプリによる操作性も改善。スマートウォッチ「Gear S2」「Gear S」用の操作アプリを新たに開発した。このほか、マルチルーム再生に対応したアプリ「Samsung Multiroom」を修正している。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ICONIQ改め伊藤ゆみ、グラビア初挑戦! 大胆ヌードで美ボディ披露
[16:08 8/29] エンタメ
島津製作所、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
[16:00 8/29] テクノロジー
東大、リチウムイオン電池の電解液として機能する「常温溶融水和物」を発見
[15:46 8/29] テクノロジー
現在の収入に「満足」48.1% - 資産・貯蓄に「不満」は過半数
[15:43 8/29] マネー
三井住友銀行をかたるフィッシングメールに注意 - JPCERT/CC
[15:43 8/29] 企業IT