Windows 10搭載端末、2億台を突破 - マイクロソフトが発表

後藤大地  [2016/01/05]

Microsoft Windows 10

Microsoftは1月4日(米国時間)、「Windows 10 Now Active on over 200 Million Devices|Windows Experience Blog」において、Windows 10が動作している月あたりのアクティブデバイスの数が2億台を超えたと発表した。Microsoftは最終的に10億台を超えるアクティブデバイスでWindows 10が動作することを目指している。

報告されている主な内容は次のとおり。

  • 月あたり2億台を超えるアクティブデバイスでWindows 10が動作
  • Windows 10はこれまでのどのバージョンのWindowsよりも普及速度が速い(Windows 7比較で140%ほど、Windows 8比較で400%ほど)
  • ブラックフライデー以降、Windows 10の販売台数が増加している
  • エンタープライズおよび教育分野で想定以上にWindows 10の需要が発生している

Net Applicationsの発表によれば、2015年12月におけるWindows 10のシェアは9.96%。これはWindows 7、Windows XP、Windows 8.1に次いで4位であり、これまでのどのバージョンのWindowsよりも普及速度が速い。Windows XPとWindows 8.1は下落傾向を見せていることから、今後数カ月でWindows 10のシェアが上昇してWindows 7に次いで第2位までシェアが増加する可能性が高い。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】“女性活躍”のテコ入れになるか。多様化する家事支援ビジネスを追う
[17:49 5/30] 経営・ビジネス
【レポート】【速報】COMPUTEX TAIPEI 2016 - Pepper対抗? ASUSが599ドルからの家庭用ロボット「Zenbo」発表
[17:34 5/30] パソコン
瀧本美織、共演した勝地涼から「相手に訴えかけるお芝居をされる方」と絶賛
[17:30 5/30] エンタメ
EXILE岩田剛典、理想の結婚式はライブ式「お嫁さんも一緒に踊ってくれたら」
[17:30 5/30] エンタメ
ついに国宝が「フチ子さん」をオマージュ!? 奇譚クラブ「鳥獣戯画」立体化
[17:30 5/30] ホビー

特別企画 PR