Flash Playerが年末に更新プログラムをリリース、19件の脆弱性を修正

  [2016/01/04]

一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月4日、Adobe Flash Playerに存在する脆弱性に注意を喚起した。細工されたコンテンツをユーザーが開いた場合、システムが攻撃者に制御される恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間12月28日、脆弱性に対処したAdobe Flash Player最新版を公開済み。JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

今回提供されたセキュリティパッチでは、遠隔でのコード実行などにつながる19件の脆弱性に対処。すでに、この脆弱性を悪用した攻撃も確認しているという。影響を受けるFlash Playerは下記のバージョン。

  • Adobe Flash Player Desktop Runtime 20.0.0.235およびこれ以前(Windows、Mac)
  • Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.268およびこれ以前(Windows、Mac)
  • Adobe Flash Player 20.0.0.228およびこれ以前(Microsoft Edge、IE 10/11、Chrome)
  • Adobe Flash Player 11.2.202.554およびこれ以前(Linux)

Google ChromeやMicrosoft Edge、Windows 8もしくは8.1環境のInternet Explorer(IE)にインストールされているFlash Playerも影響を受けるが、各ブラウザを最新版にアップデートした場合、自動的に最新版のFlash Playerが適用される。バージョンの確認は「Adobe Flash Player:Version Information」から行える。

影響を受けるFlash Playerのバージョン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[ふたがしら2]松ケン主演時代劇続編9月17日放送決定 成宮と菜々緒の濃密シーンも健在
[08:00 6/25] エンタメ
お金がない休日の過ごし方
[08:00 6/25] マネー
【連載】鉄道トリビア 第360回 電車の運転中、運転士がガムを噛むことは認められている
[08:00 6/25] ホビー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第691回 人を叱る時には大事なことよね
[08:00 6/25] 趣味
遠藤憲一、悪い刑事役で真骨頂の演技を披露!“乾いた笑顔”が恐すぎる
[07:00 6/25] エンタメ