2016年は、電卓の達人になろう。

 


お金を、「貯めたい」、「増やしたい」、「損したくない」と思っているのに、電卓で計算しないを人が意外と多いのに驚きます。

日々の買い物は、電卓を叩きながらするクセをつけると、どれだけ買っているかがわかるので買い過ぎを防げます。また、レジに行って消費税の高さにびっくりするということもなくなり、計画的な買い物ができます。

もちろん、いちいち電卓を持ち歩かなくても、スマホでもしっかり計算できます。しかも、住宅ローンの繰り上げ返済から貯蓄計算まで、広範囲な金融アプリをダウンロードしておけば、いろいろな計算ができます。


3000万円借りたはずなのに、4500万円も支払う?


たとえば、一生に一度の住宅購入の時。モデルルームに行ってマンションを見て気に入り、営業マンに「3000万円の住宅ローンなら、月々7万円、ボーナス22万4000円です」などと言われると、それなら払えるとばかりに判を押してしまう人がいます。

でも、そこでもう一度、電卓を叩いてみましょう。

営業マンは、たいてい35年ローンで計算していて、中には、将来的に金利が上がるかもしれない変動金利で計算する人もいます。

長期固定のフラット35なら金利が上がらなくて安心ですが、自分で改めて電卓を叩いてみると、3000万円のローンを借りるのに35年間も借金を払い続けなくてはならず、しかも支払い総額は4500万円になのだということがわかり(金利2.5%の場合)、身が引き締まる気がするはずです

また、借りたばかりの住宅ローンなら、繰り上げ返済でどれくらい効果があるかも簡単に計算できます。3000万円を上記の条件で借りて、2年後に100万円を繰り上げ返済すると、期間短縮型なら返済利息が約123万円減ります。

100万円投資して確実に223万円に値上がりする投資商品などはありませんから、この数字を見ただけで「投資するより、まずは住宅ローンを繰り上げ返済しよう」とおもうはずです。そうなれば、住宅ローンを定年退職後まで支払わなくてはならないというような事態には陥らなくなるでしょう。


払うお金ともらうお金を、比べるクセをつけましょう。


保険についても、数字で把握すると、見えてくることがたくさんあります。

みなさんは、月にどれくらい生命保険料を支払っていますか?

生命保険文化センターによれば、民間の生命保険会社に払っている保険料(一時払いや頭金の保険料は除く)は、平均で男性が24万1000円、女性が18万2000円。つまり、男性だと月2万円ほど、女性だと月1万5000円ほど保険料を支払っているということ。

月2万円といっても、10年間で240万円、20年間で480万円、30年間で720万円。電卓を叩いてみれば、マイホームの次に大きな買い物だとわかるでしょう

バブルが崩壊した後に、加入していた生命保険が元本割れしたとして、新聞などでも大騒ぎになったことがありました。保険には、経費などを節減できたぶん配当が増える費差益、死ぬ人が少なかったぶん配当が増える死差益、運用がうまくいったぶん配当が増える利差益があります。

バブル崩壊、この利差益の運用がマイナスになり、死差益、費差益のプラス分も帳消しになって配当が出なかった時期がありました。それで「貯金代わりに保険に入っていたのに目減りした」と訴える人が続出したのですが、そもそも保険に加入する時に、月々支払う保険料の合計と満期にもらえ保険金というのはわかっています。ですから、その時点で計算していたら、配当がない場合にはマイナスになることはわかっていたはずです。

電卓のいいところは、イメージではなくリアルな数字を見れるところ。そして、家計は、リアルな数字から考えていくことが大切です。2016年は電卓をフル活用し、数字に強くなりましょう。(執筆者:荻原 博子)


本記事は「マネーの達人」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ