アトレティコ、暫定ながら19カ月ぶりの首位…一昨年のリーガ制覇以来

 

レバンテ戦で先制点を挙げたMFトーマス・パルティ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第18節が2日に行われ、アトレティコ・マドリードはホームでレバンテと対戦し、1-0で勝利。首位に立っていたバルセロナがエスパニョールと引き分けたため、暫定ながらアトレティコ・マドリードが首位に躍り出た。2日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは第18節を終えて、13勝2分け3敗で勝ち点41。消化試合が1つ少ないバルセロナを勝ち点2上回り、首位に立っている。

 アトレティコ・マドリードが前回リーガ・エスパニョーラで首位に立っていたのは、2014年5月17日。2013-14シーズン最終節で2位バルセロナとの直接対決で引き分け、見事にリーガ・エスパニョーラを制した2013-14シーズン以来となる。

 昨シーズンは、優勝したバルセロナが勝ち点94、2位のレアル・マドリードが同90だったのに対し、3位ながらアトレティコ・マドリードは同78と差を付けられた。今シーズンは2016年初戦で幸先良く勝利し、2年ぶりの王者奪還を目指す。

 アトレティコ・マドリードは、6日に行われるラージョ・バジェカーノとのスペイン国王杯4回戦を挟んで、10日のリーガ・エスパニョーラ第19節セルタ戦に敵地で臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ナンバカ』、PV第2弾を公開! 放送情報および主題歌も発表
[21:00 8/24] ホビー
TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
天堂きりんの新作1巻、書店員の女性と無口な大学生の同居もの
[20:27 8/24] ホビー