アトレティコ、暫定ながら19カ月ぶりの首位…一昨年のリーガ制覇以来

  [2016/01/03]

レバンテ戦で先制点を挙げたMFトーマス・パルティ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第18節が2日に行われ、アトレティコ・マドリードはホームでレバンテと対戦し、1-0で勝利。首位に立っていたバルセロナがエスパニョールと引き分けたため、暫定ながらアトレティコ・マドリードが首位に躍り出た。2日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは第18節を終えて、13勝2分け3敗で勝ち点41。消化試合が1つ少ないバルセロナを勝ち点2上回り、首位に立っている。

 アトレティコ・マドリードが前回リーガ・エスパニョーラで首位に立っていたのは、2014年5月17日。2013-14シーズン最終節で2位バルセロナとの直接対決で引き分け、見事にリーガ・エスパニョーラを制した2013-14シーズン以来となる。

 昨シーズンは、優勝したバルセロナが勝ち点94、2位のレアル・マドリードが同90だったのに対し、3位ながらアトレティコ・マドリードは同78と差を付けられた。今シーズンは2016年初戦で幸先良く勝利し、2年ぶりの王者奪還を目指す。

 アトレティコ・マドリードは、6日に行われるラージョ・バジェカーノとのスペイン国王杯4回戦を挟んで、10日のリーガ・エスパニョーラ第19節セルタ戦に敵地で臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

坂上忍、小林麻耶の体調は「大丈夫そう」- 現状明かす
[18:58 5/24] エンタメ
スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入
[18:52 5/24] 企業IT
ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始
[18:50 5/24] テクノロジー
読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献
[18:41 5/24] 企業IT
熊本地震被害は最大4.6兆円 - 内閣府試算
[18:37 5/24] マネー

特別企画 PR