男性200名が考える正月太り対策とは - 「ビリー隊長」「食べ物を見ない」

 

正月はちょっと油断するとブクブク太ってしまう

2016年が幕を開けた。正月三が日は家族や親戚一同と宴を催し、ゆっくりとするのが習わしとなっている家庭も多い。ただ、油断していると体重が3kg、5kgといった具合に一気に増えてしまい、気がついたら後の祭りだったなんてことにもなりかねない。

そこでこのほど、マイナビニュースの男性会員200名に「2016年の正月太り対策」についてアンケートを実施したので、寄せられた意見を紹介しよう。


Q. 2016年にしようと思っている、またはしてみたい「正月太り対策」を具体的に教えてください


■食べなければ問題なし!
・「お餅を食べ過ぎないように、何か工夫をしたい」(24歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「動かないなら食べない、飲まない」(50歳以上男性/電機/技術職)
・「いつもと変わらず起きて寝る。食事の量を増やさない」(36歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「食事規制。時間になったら食卓で食事するだけ。自室で食べないようにする」(47歳男性/電力・ガス・石油/技術職)
・「お酒はほどほどにし、規則正しい生活を送る」(43歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「とにかく腹八分目を心がける」(36歳男性/情報・IT/技術職)
・「節約のため断食を敢行しようと考えている」(31歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)


■今年は積極的に動く!
・「ジムに定期的にちゃんと通う! 」(26歳男性/農林・水産/技術職)
・「具体的に予定していないが、簡単な筋トレとかも考えてみたい」(35歳男性/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「自重筋トレ」(47歳男性/医療・福祉/専門職)
・「なるべく外出して少しでもカロリーを消費したい」(31歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「早朝ランニング」(29歳男性/電機/技術職)
・「筋トレと節制」(32歳男性/商社・卸/営業職)
・「足上げや腕立てなど、インドアでできる運動やストレッチを少しでもして体を動かそうと思う」(25歳男性/情報・IT/技術職)
・「駅伝をみながら、こちらも体を動かす」(48歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)


■裏技を使う!
・「おいしいものを見ないこと」(33歳男性/情報・IT/事務系専門職)
・「炭水化物を食べない。ごちそうを食べないのはもったいないので、ご飯、パン類を抜こうと思っている」(30歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「食っても吐くようにする」(28歳男性/医療・福祉/事務系専門職)
・「ビリーズブートキャンプ」(23歳男性/情報・IT/技術職)
・「ココナッツオイルを利用する」(49歳男性/情報・IT/技術職)


■総評

結果は「食べ過ぎ・飲みすぎをしない」と「運動をする」の2つが大半を占めた。「運動やスポーツをする」と回答した人は、何かを新規に購入して行うというわけではなく、ランニングや筋トレなどのようになるべくお金をかけずにすませようと考えているケースが多かった。

年齢を重ねてくると、ちょっとの油断が脂肪となり、その積み重ねがメタボにつながる。誘惑の多い正月だが、今回紹介した対策を参考にするなどして正月太り回避に努めてみてはいかがだろうか。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2015年11月5日~11月8日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事