木村拓哉、東京・京都の行き来で紅白の"名誉"再認識「浸透感がすごい」

SMAPが30日、東京・渋谷のNHKホールで『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、終了後の囲み取材に応じた。

「それぞれがそれぞれの現場で責任を担ってきた」と今年のSMAPを振り返った木村拓哉。「今、自分は京都と東京を行ったり来たりしています」と明かした上で、移動中に一般視聴者の声をたびたび耳にしたことに触れながら、「紅白が終わって神社に行くように、皆さんの生活の中に紅白が自然に存在していて、その"浸透感"がすごい」と番組の存在感を表現した。

リハーサルの振り付け確認などは入念で、表情は真剣そのもの。「実際にNHKホールにお邪魔して紅白のリハーサルだったり、その"ルーティン"に今年も参加できていること自体がものすごく名誉なことだとあらためて感じました」と告白し、「あらためて再確認できた紅白です」と感慨深げに語っていた。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」で、紅白合わせて52組が出場。総合司会を黒柳徹子と有働由美子アナウンサー、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会を井ノ原快彦が担当する。昨年は、白組が優勝し、通算の対戦成績は紅組29勝、白組36勝。今年で23回目の出場となるSMAPは、「This is SMAP メドレー」で紅白を盛り上げる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事