指原莉乃、紅白はAKB48として「満面の笑みで出場」- 来年はHKT48復帰誓う

アイドルグループのAKB48が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルに出席。HKT48の指原莉乃も、AKB48として参加し、取材に応じた。

『第66回NHK紅白歌合戦』のリハーサルを行った指原莉乃

指原は、「HKT48で出場できなくて悔しいという話をSNSに書いたら、松本(ダウンタウンの松本人志)さんに、『お前AKBで出るんだろ、どういう顔して出んねん』と言われたんですけど」と語った上で、「このように満面の笑みで出場します」と笑顔満開。そして、「来年はHKT48でも満面の笑みで出場できるように頑張りたいと思います」と誓った。

昨年、紅白初出場でトップバッターの大役を務めたHKT48だが、今年は落選。出場歌手発表の直後に指原は、悔し泣きしたことを自身のツイッターで明かしていていた。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」。総合司会を黒柳徹子と有働由美子アナウンサー、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会を井ノ原快彦が担当する。出場歌手は紅組26組、白組26組の計52組。昨年は白組が勝利し、通算成績は紅組29勝、白組36勝。

撮影:荒金大介

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事