嵐、井ノ原&綾瀬の司会は「アットホーム」 SWコラボでライトセーバーに興奮

 

アイドルグループの嵐が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、終了後、23時過ぎという深夜にもかかわらず、囲み取材に応じた。

昨年まで白組の司会だった嵐だが、松本潤は「全然違う」と即答。相葉雅紀は、初めて「食堂でご飯を食べました」と、スケジュールが大きく変化したことを語った。

今年の白組司会は、事務所の先輩であるV6の井ノ原快彦。司会者との面談で、松本は「温かかった」と印象を述べ、櫻井翔は「(紅組司会の)綾瀬(はるか)さんも含め、すごいアットホームな空気感の中進んだので、その空気感が、本番も出るんじゃないかなという感じがしますね」と期待を語った。

この面談では、綾瀬が2013年にともに司会を担当した嵐に「私、失敗しませんでしたよね?」としきりに確認してきたといい、嵐は「今回も大丈夫だと思いますよ」となだめていたそうだ。

今回、嵐は映画『スター・ウォーズ』とのコラボレーション企画で登場。櫻井は「ライトセーバーを振れるとは思ってなかったですね」と興奮。物理的な重さというよりも、精神的な重さで「落とせないし、壊せない」と緊張の様子を明かした。

松本は、まさかメインテーマで踊れるとは思っていなかったそうで、「スター・ウォーズ公認でコラボレーションできるのは、すごくうれしいですね」と喜びを伝えた。

また、メンバーはそれぞれ今年を振り返り、松本は「いろんなジャニーズの先輩後輩と一緒にお仕事の場で過ごすことが多かったのが印象的」と感想。すると相葉も「ジャニーズの先輩後輩と、一緒によく居れた…」と言い出し、松本は慌てて「聞いてました? 全く同じこと言ったんですけど」と突っ込みを入れた。

さらに、大野智も「ジャニーズの先輩後輩がこんなにコンサートに来てくれたり、出てくれることはなかった」と畳みかけ、「『あぁいいなぁジャニーズって』と今年一番思いましたね」と余韻に浸っていた。

二宮和也は、宮城でのコンサートが「今年を象徴する」と述懐。櫻井は、今回のスター・ウォーズをはじめ、布袋寅泰など、ジャニーズ以外とのコラボレーションが多かったと振り返り、「人とのつながりを感じる1年でした」と総括した。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」で、紅組26組・白組26組の計52組が出場。紅組の司会は綾瀬はるか、白組の司会はV6の井ノ原快彦で、総合司会は黒柳徹子と有働由美子アナウンサーが務める。昨年は、白組が優勝し、通算の対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「天智と天武」最終10&11巻が同時リリース、兄弟の愛憎劇描く歴史マンガ
[23:10 8/30] ホビー
ダークホラーで納涼…!「もののべ古書店怪奇譚」などフェアで描き下ろし特典
[23:00 8/30] ホビー
藤子・F・不二雄の世界へトリップするファンブック、渋谷直角や星野源も
[22:53 8/30] ホビー
[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー

本音ランキング