ゲスの極み乙女。、紅白は意外に重圧?「死ぬかもしれない」「鼻血が出た」

 

4人組グループ・ゲスの極み乙女。が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、終了後の囲み取材に応じた。

『第66回NHK紅白歌合戦』のリハーサルを終えたゲスの極み乙女。 撮影:荒金大介

ボーカルの川谷絵音は、リハーサルで「全然実感がわいてないです」と言いながら、初出場の重圧に「本番で死ぬかもしれないです」と不吉な予告。ドラムのほな・いこかも「私も実感がわいてないんですけど、先ほど楽屋で鼻から血を流してしまいまして、体が紅白だってことに素直に反応しているのかな」と、意外にもプレッシャーからダメージを受けていることを明かした。

先日行われた初出場の発表会見で、川谷が過去にライブで流した映像を「『ぱいぱいでか美』というアイドルに聖水をかけられる」と紹介し、総合司会の有働由美子アナウンサーに「NHK的にギリギリ(の下ネタ)」と注意を受けていたが、この日、あらためて有働アナと面談したところ、川谷は「なんか『言っちゃえば?』みたいな感じで、NHK大丈夫なんだなと思ったんで、もしかしたら(下ネタを)言うかもしれないです」と予告。

しかし、「高齢者に全く訴えかけられないバンドになってしまったんで、そこをどうリベンジするかというのを考えてますね」と課題もあるようだ。また、サプライズゲストで「ぱいぱいでか美」が駆けつけるという可能性については「あるかもしれないですね」と否定しなかった。

このように、川谷による下ネタが終始続いた囲み取材が終了すると、ほな・いこか、キーボードのちゃんMARIは「本当にすいませんでした」と頭を下げ続けていた。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」で、紅組26組・白組26組の計52組が出場。紅組の司会は綾瀬はるか、白組の司会はV6の井ノ原快彦で、総合司会は黒柳徹子と有働由美子アナウンサーが務める。昨年は、白組が優勝し、通算の対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第1話のあらすじと先行場面カット公開
[01:54 7/2] ホビー
オリジナルアニメ『終末のイゼッタ』、10月放送開始! PV第二弾を公開
[01:34 7/2] ホビー
『サポルト! 木更津女子サポ応援記』、コミックス第1巻発売記念でPVを公開
[00:40 7/2] ホビー
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
[なかよし]7月号が3年4カ月ぶり完売 「CCさくら」と付録が人気
[00:00 7/2] ホビー

本音ランキング