綾瀬はるか、前回司会の敗北は「すごく悪いことをした気分」リベンジを誓う

『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)の紅組司会の女優・綾瀬はるかが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われているリハーサルで取材に応じ、前回司会を務めてた際に敗北したの心境を「すごく悪いことをした気分」と振り返り、リベンジを誓った。

『第66回NHK紅白歌合戦』総合司会の黒柳徹子(左)と綾瀬はるか 撮影:荒金大介

2013年以来、2度目となる紅組司会の綾瀬。前回は、勝敗をそれほど意識していなかったが、相手の白組が勝って旗が白組にわたった瞬間「お役御免みたいな感じになった」といい、「すごく悪いことをした気分。責任が全部自分に来たみたいで…」と、つらい心境を振り返った。

これまでの通算成績は、紅組29勝・白組36勝で、昨年も白組が勝利。総合司会の黒柳徹子は中立な立場のはずだが、この現状に「ちょっと女の人の味方をしたいな」と、肩入れを示唆した。

そんな黒柳と綾瀬は、これが初対面。紅白の出場歌手のほとんどが、テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演しているというが、綾瀬はまだ出ていないそうで、黒柳は「ごめんなさいね」と謝った。

しかし、黒柳は、綾瀬のドラマをほとんど見るというほどのファン。白組司会のV6・井ノ原快彦には「心は汚れてないけど、(頭の中から)アメを出すとは限りません」と厳しい姿勢を示していたが、綾瀬には「差し上げてもいいかな」と、やはりひいき目に見ているようだ。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」で、紅組26組・白組26組の計52組が出場。紅組の司会は綾瀬はるか、白組の司会はV6の井ノ原快彦で、総合司会は黒柳徹子と有働由美子アナウンサーが務める。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事