西野カナ、紅白の衣装は"取扱説明書"モチーフ「変わったドレスを着たい」

歌手の西野カナが29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、報道陣の取材に応じた。

『第66回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに登場した西野カナ

今年で6回目の出場となる西野は「まさか今年も出場させていただけるなんてうれしい」と喜びを語り、楽曲「トリセツ」について、「挑戦した曲であり、特に印象に残っている曲。この曲で出演できるのはうれしい」と説明。衣装については、"取扱説明書"をモチーフにした楽曲にちなみ、「"取扱説明書"をモチーフにした衣装。変わったドレスを着たい」と明かした。

また、出番がゴールデンボンバーの次ということについて、「逆にリラックスさせていただけるんじゃないか」と期待。「ゴールデンボンバーさんのステージは大好きなので楽しみです」とうれしそうに話した。

そして、2015年は「仕事でもプライベートでも夢が叶った充実した年」になったと振り返り、漢字一文字で「夢」と表現。「仕事では、裏ベストを出すことができ、プライベートでは、マダガスカルに初めて行けた」と語った。続けて、「来年も行けてない国に行きたい。お仕事でも挑戦をたくさんしたい」と2016年の抱負を語り、「今年よりもさらにライブを増やして、いろんな方と交流できる年にしたい」と加えた。さらに、恋愛について聞かれると「頑張りたい」と笑った。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」。総合司会を黒柳徹子と有働由美子アナウンサー、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会を井ノ原が担当する。出場歌手は紅組26組、白組26組の計52組。昨年は白組が勝利し、通算成績は紅組29勝、白組36勝。

撮影:荒金大介

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事