渡部篤郎、せっかちな性格を自覚 - 撮影は「とにかく早く帰りたい」

 

俳優の渡部篤郎がこのほど、都内で行われた主演ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(関西テレビ・フジテレビ系1月19日スタート、毎週火曜22:00~22:54)の取材会に出席し、「自分よりせっかちな人に会ったことがない」と自身の性格を分析した。

『お義父さんと呼ばせて』主演の渡部篤郎

このドラマは、遠藤憲一演じる中堅商社の独身部長・大道寺保が、28歳年下の女性・花澤美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を決意。しかし、渡部演じる美蘭の父・紀一郎は、娘の結婚相手が自分と同い年という現実が受け入れられず、2人が結婚したい男・させたくない男としてぶつかり合う姿を、林宏司の脚本でコミカルに描く。

渡部とともにダブル主演を務める遠藤は、今回の渡部の役の見どころを「(他の作品では)びっくりしたりすることが一切ないような振る舞いをしているけど、今回は結構パニクるので、そこが楽しみ」と期待。一方で、渡部の素の部分については「とてもせっかちな人ですね」と評した。

ダブル主演を務める遠藤憲一(左)と渡部

これを受け、渡部は「自分よりせっかちな人に会ったことがない」と認め、ドラマや映画の撮影は「お仕事ですからきちんとやりますけど、とにかく早く帰りたい」と訴える。その理由について「スタッフのモチベーションもあるじゃないですか。ずっと朝から晩まで(仕事が)続くと疲れてくると思んですよ。そういうことも踏まえて、元気なうちに、次の日もやるということができるように」と明かし、「実際に結果が良いんですよ。ロクなことないですから、ダラダラやると。本当そういうことありますから」と力説した。

それだけに、渡部は台本も「前の日の夜、寝る前になって読むタイプ」と、必要最小限の時間でセリフを覚える習慣を告白。このため、印象的だったセリフを質問されても「今そういうことを言われるのが、一番つらいです」と苦悩の表情を見せ、会場を笑わせた。

そんな状態を見た遠藤は、渡部が発した印象に残っているセリフを紹介。遠藤が心を込めて結婚したいという思いを伝えるも、それに対して渡部がひと言放つ「バカじゃないの?」だそうで、遠藤のフォローに、渡部は申し訳なさそうに「もう1回(台本を)読んでみます」とつぶやいていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

国土交通省、東京のタクシー初乗り運賃を410円に引き下げる実証実験を実施
[15:30 7/28] ホビー
中国XiaomiがWindows 10搭載ノートPC発表、13.3型と12.5型の2モデル
[15:26 7/28] パソコン
ボルボ特別仕様車「S60 / V60 D4 ダイナミックエディション」8/10販売開始
[15:13 7/28] ホビー
『アイマス』声優の平山笑美などが出演、プレスターライブが8月14日開催
[15:06 7/28] ホビー
機能性表示食品の「肝臓の健康にセラクルミン」が発売
[15:02 7/28] ヘルスケア

本音ランキング