KickShark、USB Type-C搭載のMacやGoogle Pixel向けドッキングステーション

 

KickSharkは28日、USB Type-Cポートを備えるMacBookなどと接続して使用するドッキング・ステーション「HydraDock」を発表した。現在は2016年2月出荷分の予約注文を受け付けており、価格は229米ドル。

HydraDock

HydraDockは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で開発資金を集めていたプロダクト。2015年5月の段階で約8万ドルを集め、資金調達に成功していた。

本体が備えるポートは、USB 3.1 Type-C×3基(1基は900mA対応)、USB 3.0 A×4基(900mA対応)を搭載。USBハブや充電器として利用できる。そのほか、SDXCメモリーカードスロットとGigabit Ethernet対応有線LAN×1基も搭載し、無線LANしか持たないMacBookにも有線LAN環境を増設可能。オーディオ入出力ポートも備える。

映像出力インタフェースとして、Display PortとHDMIも装備。3,840×2,160ドット(4K)/30Hzの映像出力に対応する。電源はACアダプタのほか、USBのバスパワーでも動作可能。本体上面は斜めになっているので、MacBookなどを乗せたときに、キーボード面に角度が付く。

人気記事

一覧

新着記事

SCSK、Azure上でのIoTデータ分析環境構築サービス
[12:38 8/29] 企業IT
Windows 10で始めるBash 第9回 散らかったデスクトップを片付ける
[12:36 8/29] 企業IT
OpenSSL 1.1.0登場
[12:35 8/29] 企業IT
セキュリティフライデーとインターコム、法人向けセキュリティ分野で協業へ
[12:23 8/29] 企業IT
ゴーストキティも登場! サンリオピューロランドのハロウィーンはここに注目
[12:22 8/29] 趣味