北電と住友電工、大型蓄電システムの実証実験を開始

 

北海道電力(北電)と住友電気工業(住友電工)は12月25日、北海道勇払郡安平町の南早来変電所における大型蓄電システムの設置工事が完了し、同日より実証実験を開始したと発表した。

同システムは定格出力1万5000kW、容量6万kWhを実現しており、レドックスフロー電池としては世界最大級の蓄電容量だという。

両社は今後、約3年の実証期間で、風力発電や太陽光発電に対する新たな調整力としての性能実証、および最適な制御技術の開発などを実施する。また、両社のもつ技術を結集し、再生可能エネルギーのさらなる導入拡大に向けて取り組んでいくとしている。

実証事業のイメージ



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、BD&DVD第1巻は9/7発売! 特典など詳細発表
[01:37 7/1] ホビー
[甲鉄城のカバネリ]総集編が前後編で劇場公開
[01:30 7/1] ホビー
TVアニメ『少年メイド』、ニコ生で第1話~第11話の振り返り一挙上映会開催
[01:00 7/1] ホビー
村田雄介が夜食描く新連載、1食目は餃子の皮ピザ!モーニング&モアイで始動
[00:48 7/1] ホビー
月野うさぎ&ちびうさの誕生日にセラミュー新5戦士が駆けつけ、初ダンス披露
[00:38 7/1] ホビー