シャープ、福島県南相馬市と栃木県塩谷郡で太陽光発電所の商業運転を開始

  [2015/12/28]

シャープと芙蓉総合リースは12月28日、両社が出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラーが同日より福島県の「南相馬小高太陽光発電所」と栃木県の「シャープ塩谷第二太陽光発電所」の商業運転を開始したと発表した。

「南相馬小高太陽光発電所」は敷地面積約5万3000m2、設置容量は約2.7MW-dcで年間予測発電量は約291万kWhとなる。この発電量は、一般家庭約808世帯分の年間消費電力量に相当する(1世帯当り3600kWhで算出。以下同)。

「シャープ塩谷第二太陽光発電所」は敷地面積約6万4047m2(シャープ塩谷太陽光発電所との合計面積)、設置容量約約1.6MW-dc。年間予測発電量は約171万kWhで、一般家庭の年間消費電力量に置き換えると約475世帯分に相当する。

南相馬小高太陽光発電所



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

人気ストリーマーotofu氏とコラボ! iiyama PC、LoL向けGTX 970搭載PC
[13:44 5/26] パソコン
C・ヘムズワース『スノーホワイト』続編の進化に自信「明るく笑えるものに」
[13:41 5/26] エンタメ
見守りロボット「BOCCO」、話しかけた声を文字にしてアプリへ送信可能に
[13:37 5/26] テクノロジー
【ハウツー】Googleお役立ちテクニック - 「検索演算子」を使ってみよう
[13:30 5/26] パソコン
NTTレゾナント、Q&Aプラットフォーム「QAコネクト」SDKを無償提供
[13:25 5/26] 企業IT

特別企画 PR