シャープ、福島県南相馬市と栃木県塩谷郡で太陽光発電所の商業運転を開始

 

シャープと芙蓉総合リースは12月28日、両社が出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラーが同日より福島県の「南相馬小高太陽光発電所」と栃木県の「シャープ塩谷第二太陽光発電所」の商業運転を開始したと発表した。

「南相馬小高太陽光発電所」は敷地面積約5万3000m2、設置容量は約2.7MW-dcで年間予測発電量は約291万kWhとなる。この発電量は、一般家庭約808世帯分の年間消費電力量に相当する(1世帯当り3600kWhで算出。以下同)。

「シャープ塩谷第二太陽光発電所」は敷地面積約6万4047m2(シャープ塩谷太陽光発電所との合計面積)、設置容量約約1.6MW-dc。年間予測発電量は約171万kWhで、一般家庭の年間消費電力量に置き換えると約475世帯分に相当する。

南相馬小高太陽光発電所



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン
KDDI、カメラの使いやすさを追求したシニア向けスマホ「BASIO2」8月5日発売
[20:49 7/28] スマホとデジタル家電
「ポケモンGO」専用のSIMカードを日本通信が発売 - 1,500円で30日か1GBまで
[20:40 7/28] スマホとデジタル家電