三重県名字ランキング--"お伊勢参り"の影響が名字にも? 希少性"宇治土公"も

 

三重県の名字傾向は?

2015年も残すところあとわずか。初詣に三重県の伊勢神宮まで足を伸ばすという人もいるかもしれない。江戸の昔から「お伊勢参り」で各地の人が集まる三重県の名字傾向は、その場所柄も映し出しているようだ。

「伊藤」さんが1位の全国で唯一の県

「三重県の名字ランキングベスト30」の第1位は、県内におよそ5万900人が住んでいる「伊藤」さんとなった。「伊藤」さんは全国におよそ108万4,000人みられ、全国5位の名字となっている。「伊藤」さんの県内順位が1位となったのは全国で三重県のみだ。現在の三重県である伊勢国に住んだ「藤原」氏が称したことによってできた名字という説もあるため、現在も三重県に多く見られると考えられている。

2位は、県内におよそ2万9,000人がみられる「山本」さんとなった。「山本」さんは、奈良県・和歌山県・岡山県・広島県・山口県などで県内順位1位、滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県などでは県内2位となっており、近畿・中国地方では1位か2位にランクインすることが多い。3位はおよそ2万7,700人の「中村」さんで、同姓の全国順位は8位。近畿地方を中心とした西日本に多く見られる名字となっている。

「三重県の名字ランキングベスト30」

忍者で有名な「服部」さんも

全国順位30位以下で、三重県では30位以内となった名字は、8位「水谷」さん(全国順位251位)、12位「西村」さん(44位)、13位「中西」さん(137位)、14位「服部」さん(125位)、16位「中川」さん(51位)、21位「浜口」さん(511位)など12種類。中でも「水谷」さんと「浜口」さんは三重県でのみ30位以内にランクインしている。また、服部半蔵などの伊賀忍者で有名な「服部」さんは、三重県内での順位が全国で最も高く、古代の機織職業部から起きたとされている。

三重県出身の有名人には、元プロビーチバレー選手の「浅尾 美和(あさお みわ)」さんが有名。「浅尾」さんの全国順位は2,211位だが、三重県では全国最上位の721位となっている。また、男子マラソン選手としてオリンピックに2度出場した「瀬古 利彦(せこ としひこ)」さんも三重県出身として知られる。「瀬古」さんのルーツは紀伊国や伊勢国(現在の三重県)にあるとされ、全国人数およそ5,700人のうち、全国最多のおよそ2,000人が三重県に集中している。 ほかにも、志摩国を治めていた戦国大名の名字「九鬼」さんは全国順位3,565位に対して、三重県では和歌山県に次いで多い796位。お笑いコンビ・ザブングルの「加藤 歩(かとう あゆむ)」さんや北海道日本ハムファイターズの「谷口 雄也(たにぐち ゆうや)」選手なども、三重県出身で県内ベスト30の名字を持つ有名人として挙げられる。

「全国の名字ランキングベスト30」

「お伊勢参り」の県ならではの名字分布に?

三重県に見られる珍しい名字としては、「宇治土公(うじとこ)」さん(全国人数およそ10人)や「上ヱ地(うえぢ)」さん(およそ60人)、「強力(ごうりき)」さん(およそ190人)、「産屋敷(うぶやしき)」さん(およそ200人)、「西世古(にしせこ)」さん(およそ200人)、「二之湯(にのゆ)」さん(およそ310人)、「崎久保(さきくぼ)」さん(およそ320人)、「馬路(まじ)」さん(およそ460人)などが挙げられる。

また、県名と同じ「三重」さんは全国人数およそ570人で、伊勢をルーツとする氏もあるとされており、鹿児島県に最も多く見られる。

三重県の名字ランキングを見ると、同県にルーツがあるとされる「伊藤」さんが全国で唯一1位となり、2位以降に近畿地方に多い「山本」さん、「中村」さん、「田中」さんなどが続いた。また、5位には中部地方や関東地方に多い「鈴木」さん、6・7位に中部地方に多い「加藤」さんと「小林」さんがランクイン。三重県の場所柄と同様、名字傾向としても近畿地方と中部地方の両面の特徴を併せ持っていることがわかった。江戸時代に「お蔭参り(お伊勢参り)」が流行し、江戸や大阪から人が押し寄せた三重県ならではと言えそうだ。

※ランキングは、月間700万アクセスの「名字由来 net」アプリと「名字由来 net(Web)」の名字データベースから、電話帳データをもとに三重県で実世帯が確認できるもののみを集計し、人数の多い順に抽出。100人未満四捨五入により算出している。本文と写真は関係ありません

筆者プロフィール: 名字由来net(リクルーティング スタジオ株式会社)

月間700万アクセスの「名字由来net(アプリ・Web)」や月間200万アクセスの「無料 赤ちゃん名づけ」アプリなど名字・名前・家系図に特化したサービスをアプリとWebで提供している。「名字由来net」はApp Store総合第1位200万DL、「無料 赤ちゃん名づけ」はApp Store、Googleplayジャンル第1位の実績。名字情報を活かした人気シミュレーションゲームアプリ「戦国村を作ろう!」、「世界村を作ろう!」に引き続き、2015年3月には「幕末村を作ろう!」をリリースした。また、調査・作成した家系図デジタルデータを半永久的に保管・管理できる「家系図作成サービス(生涯データサポート)」をスタート。さらに、2015年から日本初の「簡易武士調査」サービスを開始し、9月には「武士診断クイズ~天下統一! 戦国国盗りゲーム~」アプリを新たにリリースした。
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事