和楽器バンド、『残穢』に書き下ろし新曲を提供! 「私たちとしても新鮮」

  [2015/12/25]

8人組バンド・和楽器バンドが、女優の竹内結子が主演を務めるホラー映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(2016年1月30日公開)のイメージソングとして、書き下ろしの新曲「Strong Fate」を提供したことが25日、発表された。

和楽器バンドのアーティスト写真

原作は、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いた、作家・小野不由美氏の小説『残穢』。読者から「あまりにも怖くて最後まで読めない」との声が上がるなど話題になり、第26回山本周五郎賞を受けた。「住んでいる部屋で奇妙な音がする」という女子大生・久保(橋本愛)からの手紙をきっかけに、調査をはじめたミステリー作家の「私」(竹内)。調べを進めると、過去の住人たちが自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことがわかり、「私」たちは驚愕の真実を知ることになる。

「Strong Fate」は、そんな本作のTVスポットや特別予告編などのプロモーションに使用。ボーカリストであり、同曲の作詞作曲を担当した鈴華ゆう子は、事前に原作と映画を鑑賞した際に共感を覚えたようで、「私たちができる世界観を表現しようとした結果、私たちのサウンドとしても新鮮なものができました」と語る。また、「映画の音楽に携わることをとてもうれしく思います」と喜びを示した上で、「この曲が物語の一部として皆さまの中に響く事を願っています」とアピールした。

本作を「戦慄(せんりつ)のミステリー」と形容し、「キーワードは"穢(けが)れ"です。それは極めて日本的な概念です」と明かすのは、プロデューサーの池田史嗣氏。それがゆえに、「日本古来の"和の恐怖"を音楽で表現するには、和楽器バンドさんが最適任だとすぐに確信を持ちました」と話す。「独特な、伝統芸能と現代ロックの融合。詩吟の師範である鈴華ゆう子さんの醸し出す、妖しいほどに美しいボーカル。そして、1,000万を超える再生回数を持つほどネットで爆発し、今や人気が世界に広がりつつある、その不可思議な世界観」とバンドの持つ魅力を矢継ぎ早に挙げ、「残穢×和楽器バンド、共通する和のエンターテインメントが連鎖し、その穢(けが)れに感染する人が続出することを楽しみにしています」と期待を寄せる。

(C)「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】トイレ用スリッパがない家に住むと病気になる!? その理由とは
[06:30 5/25] ライフスタイル
森田剛&濱田岳「身長高ければ人生違った…」と初告白
[06:00 5/25] エンタメ
前田敦子、力ずくでキス『毒島ゆり子』第6話も大胆演技を披露
[06:00 5/25] エンタメ
[武井咲]初共演の滝沢秀明と“禁断の恋” 担当は「半沢」「下町」の名物プロデューサー
[06:00 5/25] エンタメ
【レビュー】夏モデルでSIMフリーに! 絶妙な書き味のWindowsタブ「dynaPad N72/V」のLTE機能を試す
[06:00 5/25] パソコン

本音ランキング

特別企画 PR