トム・ハンクス、"良き理解者"スピルバーグとの再タッグは「本当に幸せ」

 

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』(2016年1月8日公開)で主演を務める俳優トム・ハンクスのインタビュー映像が25日、公開された。

トム・ハンクス演じる主人公のジェームズ・ドノヴァン

映像の冒頭でハンクスは、イーサン&ジョエル・コーエン兄弟による脚本を読んだ時は「役者冥利に尽きると思ったよ」と話し、「こんな素晴らしい作品の主演に私を選んでくれただけでもうれしい。それもスティーヴンからの指名だなんて」と、製作を務めたスティーヴン・スピルバーグからの指名に感激。「宝くじに当たった気分だよ」と喜びを表現した。

ハンクスとスピルバーグのタッグは、『プライベート・ライアン』以来、本作が4本目。ハンクスは、「スティーヴンとは過去に何回も組んでいるからお互いのことはよくわかってるんだ。撮影現場では、僕が何か良いアイデアを思いついて話すと彼はいつも賛成してくれる。それが僕の積極的な演技につながり、シーンが引き立つと彼は考えるんだ」と関係性を伝え、「良き理解者と言える彼とまた仕事ができるのは、本当に幸せなことだと思うね」と語った。

ハンクスの起用について、スピルバーグ監督はハンクスが第一候補だったと明かしているが、プロデューサーのクリスティー・マコスコ・クリーガー(『リンカーン』)もまた「ドノヴァンはごく普通の人…私の親友のお父さんみたいな。彼は自分の仕事をこなしていただけなのに、信じられないような国際的な話に巻き込まれた。トム・ハンクスは決して普通の人ではないけれど、人々には普通の人の代表のように見られている。だからこそ、ドノヴァンとして最高なの」と、ハンクスがドノヴァンにふさわしい理由を説明する。

ハンクスは、映像の後半でドノヴァンについて語り出すと、さらにヒートアップ。「J・ドノバンは交渉において一歩も退かない。タフな弁護士だ」「彼には確かな正義感があり職務にも忠実だった」などと説明し、「彼にとってソ連との交渉は単なる仕事ではなくアベルを救うための戦いでもあったんだ」と熱弁している。

実話に基づく本作は、アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦が一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代の物語。ハンクスが演じる主人公のジェームズ・ドノヴァンは、実在のアメリカ人弁護士で、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことで国際交渉の世界に足を踏み入れる。ドノヴァンに与えられたミッションは、彼が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕らえられたアメリカ人パイロットの交換を成し遂げること。交渉の場は、敵地の東ベルリンで、判断を誤れば即射殺という緊迫した状況のもと、両方を救うために孤立無援の闘いを繰り広げる。


写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[今週の新刊]「重版出来!」が登場 「火ノ丸相撲」や「僕のヒーローアカデミア」も
[18:30 8/28] ホビー
[中野杏]アイドルでパンクロッカー? ミスFLASHが“初心者目線”でNBAをPR!
[18:13 8/28] エンタメ
シチズン×モンベル、プロユース「PROMASTER」とアウトドアのコラボ時計
[18:08 8/28] スマホとデジタル家電
[美少女戦士セーラームーン]うさぎの布団が商品化 布団カバーと枕カバーがセットに
[18:04 8/28] ホビー
[ディーン・フジオカ]イベントで清野菜名とケーキ入刀 結婚式の思い出語る
[17:51 8/28] エンタメ

本音ランキング