ももクロ史上初! 恒例のクリスマスライブを雪のスキー場で開催

  [2015/12/25]

ももいろクローバーZが12月23日、24日、25日に群馬県・軽井沢スノーパークにて「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」を開催し、3日間で会場に17,540人、25日にZepp東京・名古屋・なんば大阪のほか、全国20の映画館で開催したライブビューイング会場に9,498人、のべ27,038人を「ももいろクリスマス2015」に動員した。

「ももいろクリスマス」とは今年で6回目の開催となる、ももいろクローバーZによるクリスマス恒例ライブ。今年はももクロ史上初となる、冬のスキー場ライブ開催。ライブは群馬県・軽井沢スノーパークで開催期間中にはライブ中の最低気温が-1.4℃と氷点下を下回り、ステージに真っ白な雪が降り注ぐスキー場ならではのクリスマスライブとなった。

ゲレンデに設営されたライブステージに集結したファンが、普段とは異なるライブに期待を寄せる中、オープニングムービーがステージモニターに映し出される。ムービー上で発せられたリーダー・百田夏菜子による「Beautiful Suvivors! 絶対生き残れよー!」という掛け声が終わると「PRIDE」のテーマがゲレンデ中に鳴り響き、早くも会場のボルテージは高まり始め、ももいろクローバーZのメンバーがケイ・グラント、レニー・ハートによるメンバーコールと共に登場すると、寒さを吹き飛ばすかのような大歓声と共に「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」の火蓋が切って落とされた。

オープニングやライブ中にはスノボーダーチームとして世界最長のキャリアを持ち、攻撃的で命知らずの超人的なパフォーマンスで世界中にファンを持つ「FIRST CHILDREN」によるビッグエアーが次々とパフォーマンスされ、ゲレンデをイメージした衣装に身を包んだももいろクローバーZがライブ中に雪合戦をしたりするスキー場ならではの特別なライブが行われた。

幕間ではスキーとスノーボードのビッグエアーコンテスト「ももいろクリスGAME 2015 in 軽井沢スノーパーク」も開催。プロスキーヤー、プロボーダー、そしてオリンピックを目指すキッズライダーらが参加したこのコンテストは23日に1回戦を、24日に準決勝を、本日25日には決勝戦FINAL BATTLEを3日間にわたり開催され、兼高典生選手が初代王者に輝いた。

ライブ終盤には12月23日に配信限定で販売された「ももいろクリスマス2015」テーマソング『今宵、ライブの下で』も披露された。『今宵、ライブの下で』はiTunesの総合ソングランキングに於いて、ももクリ開催期間中1位も獲得している。

アンコールには「overture ~ももいろクローバーZ参上!~」がゲレンデに鳴り響き、ゲレンデ上からスキーを装着した佐々木彩夏とメンバーがステージに向けて滑り降り、「JUMP!!!!!」を雪合戦と共に、「黒い週末」をFIRST CHILDRENによるビッグエアーと共にパフォーマンス。3日間に渡る「ももいろクリスマス2015」のラストは「白い風」と共に締め括られた。

なお、終演後にももいろクローバーZのオフィシャルサイトでは3rd ALBUM「AMARANTHUS」、4th ALBUM「白金の夜明け」のアーティストビジュアルおよびアルバムのTEASER映像第三弾が公開された。12月31日に開催される年越しライブ「第一回ももいろカウントダウン~ゆく桃くる桃~」、そして来年控える2枚のNEW ALBUMとドームツアーに期待が高まるばかりとなっている。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

ももいろクローバーZ 「AMARANTHUS /白金の夜明け」TEASER #3


3rd ALBUM「AMARANTHUS」(左)および4th ALBUM「白金の夜明け」(右)のアーティストビジュアル

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】“女性活躍”のテコ入れになるか。多様化する家事支援ビジネスを追う
[17:49 5/30] 経営・ビジネス
【レポート】【速報】COMPUTEX TAIPEI 2016 - Pepper対抗? ASUSが599ドルからの家庭用ロボット「Zenbo」発表
[17:34 5/30] パソコン
瀧本美織、共演した勝地涼から「相手に訴えかけるお芝居をされる方」と絶賛
[17:30 5/30] エンタメ
EXILE岩田剛典、理想の結婚式はライブ式「お嫁さんも一緒に踊ってくれたら」
[17:30 5/30] エンタメ
ついに国宝が「フチ子さん」をオマージュ!? 奇譚クラブ「鳥獣戯画」立体化
[17:30 5/30] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR