NEC、携帯電話事業の体制見直し - NECモバイルから事業を吸収

日本電気(NEC)は25日、子会社であるNECモバイルコミュニケーションズから携帯電話端末事業を2016年3月1日付けで譲り受けると発表した。

NECモバイルコミュニケーションズ製のフィーチャーフォン「N-01G」

NECは、2013年7月にNECカシオモバイルコミュニケーションズが担っていた、携帯電話端末事業の見直しを決定しており、スマートフォンの新規開発を中止するなど、同事業を段階的に縮小してきた。その結果、NECモバイルコミュニケーションズを独立会社として運営するには非効率な事業規模になったとして、NEC本体が事業を譲り受ける。また、NECは今後の携帯電話端末事業について、運営効率化を図った上で、継続していくとしている。

NECモバイルコミュニケーションズの会社概要は次の通り。資本金は4億円。売上高は約230億円(2014年度実績)。出荷台数は約75万台(2014年度実績)。従業員数は約30名(2015年11月末現在)。なお、今回の体制見直しによる、NECモバイルコミュニケーションズの今後の動向についてはアナウンスされていない。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事