木村佳乃、夫役の北村一輝と「本当に愛し合っていないと成立しない」

 

女優の木村佳乃がこのほど、主演を務める読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ『ぼくのいのち』(来年春放送)の収録を行う都内のステジオで取材に応じ、夫婦の仲を演じる北村一輝に「主人役で本当にありがたかったなと思っています」と強い愛情と感謝を述べた。

スペシャルドラマ『ぼくのいのち』で主演を務める木村佳乃

このドラマは、生存率0%と言われた「肝芽腫」というがんを、4歳で発症した子どもと、それに立ち向かっていく家族の姿を描くもの。実話に基づいた作品となっており、同じ4歳の子を持つ木村は「台本をいただいたときに泣いちゃって、ちゃんと読めなかったです」という。

それは撮影に入っても変わらず、「テスト(撮影)も軽くやらないと、お化粧が全部取れちゃう」ほど。子供の余命を初めて宣告され、北村の胸で泣くシーンでは「感情のコントロールが利かなくなってしまって、ずっと北村さんに支えてもらいました」と明かした。

今回の役を演じるにあたっては「この夫婦が本当に愛し合っていないと成立しない」と考えていたそうで、「ちゃんと芝居上で愛し合わないと、すごく空々しい物になってしまうので、(それを受け入れてくれる)北村さんが主人役で本当にありがたかったなと思っています」と、感謝の言葉を伝えた。

一方の北村も「(演技の)見え方がどうこうというより、気持ちが本物じゃないとダメ」と、芝居を超えた夫婦としての愛情を重視。撮影に入るにあたって、木村に「夫婦でいような」と呼びかけたそうで、「(木村の夫である)東(山紀之)さんのことも知ってるから(笑)、遠慮無くそこは行けるなと思って、最初から気持ちよく(役に)入ることができました」と笑いも誘いながら、今作への入れ込みようを明かしていた。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス

本音ランキング