スバル「STI Performance Concept」などを東京オートサロンに出展

富士重工業は24日、同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、1月15日~17日の期間に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016 with NAPAC」に出展すると発表した。

「STI Performance Concept」

スバルブースでは、STIブランドのパーツビジネス、コンプリートカービジネス、モータースポーツといった活動領域を表現したコンセプトカー「STI Performance Concept」を日本で初公開。STI製サスペンションやブレーキ、内外装部品等を含めて、STIブランドの活動を一台のコンセプトカーとして提示している。

また、走りの愉しさはもちろんのこと、より本物の質感を追求しSTIブランドの可能性を広げる「レヴォーグ STI CONCEPT」や、おしゃれで走りの愉しいハイブリッドである「XV HYBRID」にSTIブランドの世界観を織り込み新たな魅力を表現した「XV HYBRID STI CONCEPT」を出展。

2016年のモータースポーツ参戦予定車としては、今年クラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦予定車の「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」や、SUPER GT参戦予定車の「SUBARU BRZ GT300 2016」が展示される。

スバルブース(イメージ図)

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事