『モンスターハンター』最新作が発売1カ月で300万本突破、新システムが評価

11月28日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』の国内販売本数(ダウンロードカードおよびニンテンドーeショップでのダウンロード版販売実績を含む)が、300万本を突破したことが明らかになった。

本作最大の特徴の一つ「ニャンターモード」

本作は、2004年に1作目が発売され、累計販売本数が3600万本(2015年12月24日時点)を記録している人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』シリーズの最新作。今作では基本行動が特化される「ギルド」「ストライカー」「エリアル」「ブシドー」という4つの狩猟スタイルを用意するほか、"狩技ゲージ"をためることで「狩技」が発動し、強力な技が繰り出せる。また、シリーズでおなじみのオトモアイルー・ニャンターを操作してクエストを進められる点が大きな特徴となっている。

これらの新要素に加え、異業種とのさまざまなコラボレーションが奏功した結果、好セールスに結びついたという。さらに、2016年1月から全国主要5都市で「モンスターハンターフェスタ'16」を実施するほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて「モンスターハンター・ザ・リアル」を開催するなど、大型イベントが控えている。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事