嵐・二宮和也、ドラマ『赤めだか』に自信!「見ないと絶対損をする」

 

アイドルグループ・嵐の二宮和也が24日、東京・国立演芸場で行われた、TBS系年末ドラマ特別企画『赤めだか』(12月28日21:00~23:25)の完成披露特別試写会に登壇した。

左から北村有起哉、宮川大輔、濱田岳、ビートたけし、笑福亭鶴瓶、立川談春

立川談春のベストセラー『赤めだか』を原作とする同ドラマは、2011年11月21日にこの世を去った落語家・立川談志の人となりを弟子・談春の目線で描いた師弟愛物語。主人公の談春を演じた二宮は「おもしろいドラマだなと感動しました」と完成したドラマを鑑賞した感想を語り、「自分が出たドラマというのを度外視して楽しめた」と絶賛した。

また、「見ても見なくてもどっちでもいい。たまたまつけてやってたら見てほしい」と独特の表現で作品をアピール。「見たら絶対得するし、見ないと絶対損をすると思っているので、見ないやつだけが損をすればいい。ドラマの底力というか、見た人だけが得をする、その時間につけてやっていて感動するからこそドラマなわけであって、それを醍醐味として味わっていただければ」とその言葉の意味を説明した。

談志役のビートたけしは 二宮の出演によって、普段落語を見ないような人にも落語の世界を知ってほしいと期待。「二宮君のファンがいて、落語っていうのはちょっと遠いかもわかんないけど、この『赤めだか』を見ていただければ、落語界っていうのはこういうもんで、師匠と弟子の関係とかあって…笑いも含みながらある程度出たなというのがあって非常にうれしかった」と語った。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ

本音ランキング