富士通、来年2月にスマホ・携帯事業の新会社設立 - 経営責任の明確化が狙い

 

富士通は24日、同社の携帯端末事業を、2016年2月1日付けで会社分割により設立する新会社「富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社」に継承すると発表した。

富士通製のAndroidスマートフォン「arrows NX F-02H」

富士通コネクテッドテクノロジーズでは、携帯端末の研究、開発、設計、製造、販売、企画および保守・修理サポートを行っていくという。富士通は、分社化する目的について、携帯端末などに関する事業を独立化させ、研究・企画からアフターサービスまで一環した体制を構築することで、経営責任を明確化させるとともに、経営判断の迅速化と効率化を追求するためと説明している。

会社分割に際して富士通は、普通株式8,000株を発行。全株式を富士通コネクテッドテクノロジーに割り当てる。資本金は4億円で、所在地は神奈川県川崎市。人員は、現在富士通で携帯事業に携わる約500人が新会社へ移行するという。

富士通コネクテッドテクノロジーズ概要

人気記事

一覧

新着記事

【連載】うーさん 第5回 うちぢ
[06:00 7/1] ライフスタイル
【ハウツー】富士山開山で登山シーズン到来! ルートは? 装備は? 知っておきたい事総まとめ
[05:30 7/1] 趣味
次期Androidの名称は「Android Nougat」、Nで始まるお菓子はヌガーに決定
[05:16 7/1] 家電
小野賢章は芸人でもイケる!?なすなかにし、うしろシティと明かす“今後の展望”
[05:00 7/1] エンタメ
「あんなにラブラブだったのに…」パパたちの悩みに思春期の娘の言い分は?
[05:00 7/1] エンタメ