DJI、ドローン賠償責任保険を発売 - 飛行許可の必要なエリアマップも公開

  [2015/12/24]

DJI JAPANは12月24日、三井住友海上火災保険と提携して「ドローン賠償責任保険」の販売を同日より開始すると発表した。

現在、同社のPhantom 3シリーズとMatrice 100には、施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱され、 購入後の登録手続きをしたユーザーに1年間の損害賠償責任を無償で補償している。

今回販売を開始したドローン賠償責任保険は、 これまでの保険を補完するもので、 操作ミスなどによる物理的な損害(第三者への対人/対物)や、 撮影によるプライバシー侵害などによって被った人格権損害賠償責任を補償する。 補償期間は1年間で、 Phantomシリーズ、 Inspireシリーズ、 Matrice 100、 その他DJI製のフライトコントローラーを搭載した機体が対象となる。

補償内容および保険料は下図の通り。

補償内容および保険料

またDJI JAPANは同日、事前の飛行許可が必要となる飛行エリアのマップを同社のウェブサイト上で公開。同社は、「今後もDJI JAPANでは、 飛行ルール等を遵守してユーザーが安全にDJI製品を飛行させることが出来るよう情報提供を続けてまいります。 」とコメントしている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】トイレ用スリッパがない家に住むと病気になる!? その理由とは
[06:30 5/25] ライフスタイル
森田剛&濱田岳「身長高ければ人生違った…」と初告白
[06:00 5/25] エンタメ
前田敦子、力ずくでキス『毒島ゆり子』第6話も大胆演技を披露
[06:00 5/25] エンタメ
[武井咲]初共演の滝沢秀明と“禁断の恋” 担当は「半沢」「下町」の名物プロデューサー
[06:00 5/25] エンタメ
【レビュー】夏モデルでSIMフリーに! 絶妙な書き味のWindowsタブ「dynaPad N72/V」のLTE機能を試す
[06:00 5/25] パソコン

特別企画 PR