DJI、ドローン賠償責任保険を発売 - 飛行許可の必要なエリアマップも公開

 

DJI JAPANは12月24日、三井住友海上火災保険と提携して「ドローン賠償責任保険」の販売を同日より開始すると発表した。

現在、同社のPhantom 3シリーズとMatrice 100には、施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱され、 購入後の登録手続きをしたユーザーに1年間の損害賠償責任を無償で補償している。

今回販売を開始したドローン賠償責任保険は、 これまでの保険を補完するもので、 操作ミスなどによる物理的な損害(第三者への対人/対物)や、 撮影によるプライバシー侵害などによって被った人格権損害賠償責任を補償する。 補償期間は1年間で、 Phantomシリーズ、 Inspireシリーズ、 Matrice 100、 その他DJI製のフライトコントローラーを搭載した機体が対象となる。

補償内容および保険料は下図の通り。

補償内容および保険料

またDJI JAPANは同日、事前の飛行許可が必要となる飛行エリアのマップを同社のウェブサイト上で公開。同社は、「今後もDJI JAPANでは、 飛行ルール等を遵守してユーザーが安全にDJI製品を飛行させることが出来るよう情報提供を続けてまいります。 」とコメントしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー