長瀬智也、日本のクリスマスに不満爆発「趣旨が変わってる」「イブイブ?」

TOKIOの長瀬智也(37)が、23日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:30)で、日本のクリスマスに関して持論を展開した。

この日のゲストは俳優・松坂桃李(27)で、間近に迫っている"クリスマス"をテーマにトークを繰り広げた。そこで、長瀬が松坂にした質問が「クリスマスにプレゼント交換は必要?」。長瀬は「もともとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるイベントだったのが、気づいたらプレゼントを持ち寄ってみんなで交換するみたいな」と最近の傾向に触れ、「趣旨が変わってきてるんじゃないか」と投げかけた。

そして、カップルでプレゼントを交換し合うことについて「分からない」と告白。これまで交際相手の女性にクリスマスプレゼントを渡したことがないようで、「プレゼントといったら年に一度の誕生日だけじゃないですか?」と問いかけながら、「クリスマスを口実に……何なんすか!」と声を上げてスタジオの笑いを取った。

さらに、「きっちりしよう。ここ最近思うんだけど」と熱くなり、「12月そのものがクリスマスになっちゃってる気がする」と主張。「クリスマスは25日でしょ?」「"イブイブ"も意味が分からない!」と不満をぶちまけ、そんな長瀬に国分太一(41)は「23日にこんな話してるのお前ぐらいしかいないと思う」と冷静にツッコミを入れて笑いを誘っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事