アイ・オー・データ、広視野角ADSパネル搭載の19型スクエア液晶

 

アイ・オー・データ機器は24日、広視野角のADS液晶パネルを採用する19型スクエア液晶ディスプレイ「LCD-AD192SED」シリーズを発表した。ホワイトとブラックの2モデルを用意。1月下旬より発売する。価格はオープンで、同社の直販サイト「io PLAZA」での価格は税込21,384円。

LCD-AD192SEDB

LCD-AD192SEDW

上下 / 左右ともに178度の広い視野角をもつADS液晶パネルを搭載した、19型スクエア液晶ディスプレイ。解像度は1,280×1,024ドットで、バックライトのちらつきを低減した「フリッカーレス」設計と、ディスプレイ本体でブルーライトを低減させる「ブルーリダクション機能」を搭載。一定時間でメッセージを表示し、長時間の使用に注意を促す「VDTモード」も搭載するなど、目に配慮した機能を内蔵する。ブルーライトは5段階で低減率を設定可能。

消費電力は通常使用時で14.7W。削減したいワット数を確認しながら輝度を設定できる「ECOステップ機能」や、PCの電源と連動する「自動電源オフ機能」といった省電力機能も用意する。

主な仕様は、画面サイズが19型スクエアの非光沢(ノングレア)、解像度が1,280×1,024ドット、視野角が上下 /左右ともに178度、輝度が250cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が14ms、オーバードライブオン時で5.5ms(ともにGTG)。

映像入力インタフェースはDVI-D×1、D-Sub×1。1W+1Wのステレオスピーカーを搭載し、スタンドのチルト角度は上20度。VESAマウント100mmに対応する。本体サイズはW407×D178×H407mm、重量は3.3kg。

本体背面

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「恵比寿鯨祭」にクジラのパクチーユッケも! 全国の捕鯨地域とコラボで開催
[05:30 9/29] 趣味
ホリ「偽物から本物になれて嬉しい」『タイムボカン24』取材会でモノマネ披露
[05:00 9/29] エンタメ
『やりすぎ都市伝説』LINE LIVE開催!関暁夫が“異次元空間”から生配信
[05:00 9/29] エンタメ
渡辺麻友、逆転勝利で主演獲得「悪役やちょっと変わった役にも挑戦したい!」
[05:00 9/29] エンタメ
[タイムボカン24]主要キャストが意気込み語る 作品の見どころは…
[05:00 9/29] ホビー