猫のためにお布団つきの猫用二段ベッドを作ってみた

 

フェリシモ猫部は、猫専用布団を販売している。商品名は、「おやすみニャン かわいい寝姿を自慢できる 猫用和布団の会」。価格は月1枚3,280円(12月24日時点での税抜き特別価格)。今回は、こちらの猫用布団つきの二段ベッドを作ってみた。

二段ベッドの骨子そのものは、マイナビニュース内の記事「IKEAの人形用ベッドで、猫専用二段ベッドを作ってみた」を転用している。

猫用お布団のサイズは縦約55cm、横約41cm、厚さ約2cm。二段ベッドに使うのにぴったりの大きさだ。

寝心地、どうですか?

布団を設置してわずか1分、早速我が家の猫が中に入ってくれた。

「寝心地はどうですか? 」と尋ねてみると、ご満悦の表情。大変気に入ってくれたようだ。

設置したかいがあります!!

使ってくれて、どうもありがとう

保温性も抜群

体重6.1キロの大柄な猫が使用しているせいで、お布団はパンパンである。

どのくらいの保温性があるのか知りたくなったので、パンパンになっているお布団の中に……。

手を入れてみた。普段は毛の表面は少しひんやりとしているが、お布団のおかげでポカポカと表面すらも温かい。冬に大活躍しそうだ。

枕もついている

なお、このお布団には小さな枕もセットでついてくる。

マジックテープで敷布団に直接貼り付けることができるので、紛失してしまう心配もない。とても便利な代物だ。

猫の性格によって使い方が違う

ちなみに、猫の性格によってお布団の使い方が異なる。我が家の場合は、兄猫が頭を出す使い方、弟猫が尻を出したままという使い方だ。

中はどうなっているのか……

弟猫はかなり小柄なので、お布団の中に入ってUターンをして頭を出すのがかなり楽なハズなのだが……。彼にとってはこれが一番心地よい使い方のようだ。

息苦しくないのか心配になったので、そっと布団をめくってみると……。

猫「なんすか」

猫「お昼寝、邪魔するにゃ! 」

「邪魔するにゃ」という視線をもらってしまった。ちゃんと問題なく息はできているようだ。

欲を言えば……

既存の二段ベッドに、猫用お布団を敷いただけの簡単なものだが、我が家の猫たちはどちらも気に入ってくれたようだった。

欲を言えば、このお布団の中に飼い主も一緒に入れたら良いのになぁと思う。猫達があまりに気持ちよさそうに眠っているので、ついつい添い寝がしたくなってしまった。

同じデザインで、人間が入れる大きなサイズのものを販売したら売れるのでは、と考えてそこで気づいた。それではただの「人間用のお布団」だ。

猫だけが入れる猫のためだけのお布団だからこそ、価値があるのだろう。添い寝は諦めて、傍で猫を撫でることにした。

まとめ

以上、お布団つき猫用二段ベッドのレビューをお送りした。お布団だけでももちろん可愛いが、イケアのベッドに敷いてみてもぐっと愛らしさが増す。二段ベッドとして組み立てれば、スペースの節約にもなるため一石二鳥だった。

<作者プロフィール>
うだま
猫漫画家。猫ブログ「ツンギレ猫の日常」は毎朝7時30分に更新。
猫ツイッター(@udama1212)で猫画像を毎日投下し続けている。

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年7月29日の運勢

イチオシ記事

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー