東京都江東区でゲームの企画展"GAME ON"開催! 幻のレトロ筐体もプレイ可能

  [2015/12/23]

日本科学未来館で「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」開催

日本科学未来館(東京都江東区)では2016年3月2日~5月30日、ゲームをテーマにした企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」が開催される。

同展は、情報技術とともに進化を続けるコンピューターゲームの進化を一望する展覧会。2002年にイギリス・ロンドンのバービカン・センターで開催され、以来、世界中を巡回し200万人以上の来場者を記録したという。日本初上陸となる今回の展覧会では、「ゲームってなんでおもしろい? 」をテーマにオリジナルコンテンツを多数追加する。

展示コーナーとしては、"ゲーム元年"とも言われる1972年に登場したアーケードゲーム「PONG(ポン)」や、大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」など、アーケードゲームの筺体をそろえる「アーケードゲームコーナー」を配置。そのほかにも、「マリオブラザーズ」や「レミングス」、「ポケットモンスター ピカチュウ」「ボートピア連続殺人事件」「グランド・セフト・オートIII」などのゲームや、近年のスマートフォン向けのゲームなど150タイトル以上をプレイ可能な状態でそろえる。

アーケードゲームの筐体も勢ぞろい(画像は海外開催時のもの)

また、最新のバーチャルリアリティー(VR)システム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)」の先行体験も実施。東京オリジナルコンテンツとして、ゲームの仕組みや進化の過程、ゲームクリエイターの制作過程や研究者の工夫、開発者の声などを紹介するコーナーも設ける。

さらに、同展の"宣伝課長"としてテレビ番組「ゲームセンターCX」MCの有野課長(よゐこ・有野晋哉さん)が就任。「僕が子供の頃、ゲームって百害あって一利なしって印象のモノでした。でも、どうですか、テレビゲームって未だに無くなってません。って事は、百害も無くて一利以上あるんです。親は自分がどんなゲームにハマったかを子供に伝え、子供は未来のゲームがどんなになるかをクラスメートに自慢できるイベントです」とコメントしている。

よゐこの有野晋哉さんが宣伝課長に

なお、日本科学未来館の入場料金は大人1500円、18歳以下750円(土曜日は650円)。営業時間は10:00~17:00で、休館日は火曜日(3月29日・4月5日・5月3日を除く)となる。前売りチケットは2016年1月16日より販売する。詳細は公式サイトにて。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

日本TI、40A出力・入力電圧16VのDC/DCコンバータを発表
[16:28 6/1] テクノロジー
高さ2.8mの"ギア4"ルフィ世界初展示!「JUMP SHOP お台場店」7/15より開催
[16:21 6/1] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが"ZEN"採用ハイエンドCPU「Summit Ridge」をチラ見せ
[16:19 6/1] パソコン
中小企業の黒字企業割合が51%へ - "改善"に真摯に取り組む企業ほど効果
[16:12 6/1] 企業IT
2015年の国内企業向けネットワーク機器市場の成長率は前年比5.6%増-IDC調査
[16:10 6/1] 企業IT