東京都江東区でゲームの企画展"GAME ON"開催! 幻のレトロ筐体もプレイ可能

 

日本科学未来館で「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」開催

日本科学未来館(東京都江東区)では2016年3月2日~5月30日、ゲームをテーマにした企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」が開催される。

同展は、情報技術とともに進化を続けるコンピューターゲームの進化を一望する展覧会。2002年にイギリス・ロンドンのバービカン・センターで開催され、以来、世界中を巡回し200万人以上の来場者を記録したという。日本初上陸となる今回の展覧会では、「ゲームってなんでおもしろい? 」をテーマにオリジナルコンテンツを多数追加する。

展示コーナーとしては、"ゲーム元年"とも言われる1972年に登場したアーケードゲーム「PONG(ポン)」や、大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」など、アーケードゲームの筺体をそろえる「アーケードゲームコーナー」を配置。そのほかにも、「マリオブラザーズ」や「レミングス」、「ポケットモンスター ピカチュウ」「ボートピア連続殺人事件」「グランド・セフト・オートIII」などのゲームや、近年のスマートフォン向けのゲームなど150タイトル以上をプレイ可能な状態でそろえる。

アーケードゲームの筐体も勢ぞろい(画像は海外開催時のもの)

また、最新のバーチャルリアリティー(VR)システム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)」の先行体験も実施。東京オリジナルコンテンツとして、ゲームの仕組みや進化の過程、ゲームクリエイターの制作過程や研究者の工夫、開発者の声などを紹介するコーナーも設ける。

さらに、同展の"宣伝課長"としてテレビ番組「ゲームセンターCX」MCの有野課長(よゐこ・有野晋哉さん)が就任。「僕が子供の頃、ゲームって百害あって一利なしって印象のモノでした。でも、どうですか、テレビゲームって未だに無くなってません。って事は、百害も無くて一利以上あるんです。親は自分がどんなゲームにハマったかを子供に伝え、子供は未来のゲームがどんなになるかをクラスメートに自慢できるイベントです」とコメントしている。

よゐこの有野晋哉さんが宣伝課長に

なお、日本科学未来館の入場料金は大人1500円、18歳以下750円(土曜日は650円)。営業時間は10:00~17:00で、休館日は火曜日(3月29日・4月5日・5月3日を除く)となる。前売りチケットは2016年1月16日より販売する。詳細は公式サイトにて。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『ステラのまほう』、アニメキービジュアル&メインキャストを公開
[16:39 6/27] ホビー
iiyama PC、税別39,980円のM.2 SSD搭載15.6型ノートPC
[16:31 6/27] パソコン
NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ
[16:24 6/27] テクノロジー
[内田彩]「ラブライブ!」声優が初ツアーを完走
[16:18 6/27] ホビー
KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円
[16:17 6/27] 携帯