中島裕翔&神山智洋、先輩・東山紀之からのむちゃ振りに終始タジタジ

 

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの中島裕翔と、ジャニーズWESTの神山智洋が22日、都内のホテルで行われた、テレビ東京系新春時代劇『信長燃ゆ』(1月2日21:00~23:58)の製作発表会見に出席し、主演を務める事務所の大先輩・東山紀之からのむちゃ振りに、タジタジとなった。

新春時代劇『信長燃ゆ』に出演する栗山千明

同作は、同局が1979年から放送している新春の大型時代劇の38作品目。直木賞作家・安部龍太郎の同名小説を原作に、東山演じる織田信長と、寺尾聰演じる近衛前久ら朝廷との対立を軸に、明智光秀が起こした本能寺の変までの1年半を描く。

中島と神山は、信長に使える兄弟、森蘭丸・坊丸役をそれぞれ演じる。会見に登壇する直前、東山から「今日はすごい面白いこと言うから楽しみだな」とプレッシャーを掛けられたという中島は、その緊張感から、普段の早口がさらに早口となってしまっていたが、「(東山の)背中を見て勉強させていただきました」と真面目にあいさつ。「東京出身で面白いことは言えないので、あとは坊丸に託します」と、神山にスルーパスを渡した。

それを受けた神山は、東山に「関西人なら面白いんだろうな」と念を押され、「それ関西人に言っちゃいけないことなんですよ!」と慌てながら、「(東山から)気さくに話しかけてくださって、僕の中では兄貴を超えて、お父さんのような感じでした」と振り返って笑いをゲット。しかし、肝心の東山は不満顔で「(中島)裕翔のお父さんが47歳だというんで、ふーんと思いました」と、49歳の自身と実際に子どもほどの年齢差があることに、無関心を装った。

寺尾聰

佐藤隆太

石丸幹二

その後も東山からのむちゃ振りは止まらない。今年を振り返り「本能寺の変で歌ったり踊ったりするグループ(=エクスプロージョン)がいたので、それ、蘭丸と坊丸でできるんじゃないか?」と思いつたり、今回の作品でケガから復帰した栗山千明が壇上から降りる際に、自ら手を取ってエスコートしたことを、中島と神山にもするように促すも、栗山は両方やんわり拒否するなど、2人は終始タジタジの様子だった。

それでも、長い撮影を共にした後輩に東山は大いに期待しているようで、中島には「これから主演としてもいいんじゃないかと思うし、そうなってもらわないと困る」と語り、神山には舞台袖で、今作で35年後の坊丸を演じる内藤剛志のようになれそうだね、と伝えたという。さらに、2人には「将来は、信長と前久で共演してくれたら、うれしいなと思います」と要望していた。

同作にはこのほかにも、近衛前久の息子・信基役で佐藤隆太、明智光秀役で石丸幹二などが出演する。

栗山(左)と石丸

佐藤(左)と寺尾

司会のテレビ東京滝井礼乃アナウンサー

テレビ東京高橋雄一社長

テレビ東京山鹿達也プロデューサー

原作の安部龍太郎氏

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アーク、AMD Radeon RX480を搭載するゲーミングPC3とBTOオプション追加
[15:53 6/30] パソコン
レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味
NEC、導電性と吸着性をもつ新規ナノ炭素材料「カーボンナノブラシ」を発見
[15:31 6/30] テクノロジー

本音ランキング