クラウディアン、CLOUDIAN HyperStoreにファイル共有プロトコルなどのオプション

 

クラウディアンは12月22日、ソフトウェア定義(Software Defined)のオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」にファイル共有プロトコルなどをサポートする「HyperStore Connect for Files」をオプションとして追加したと発表した。提供開始は2016年初旬を予定しており、価格は個別見積もり。

HyperStore Connect for Filesの概要

HyperStore Connect for FilesはSMB、NFS、FTPのファイル共有プロトコルをサポートしているので、企業内で一般的に使われるファイル共有プロトコルを容易に追加できる。サードパーティーのゲートウェイなしに直接ファイルアクセスができるほか、グローバルファイルロックで拠点ごとに分散しているファイルを管理し、グローバルネームスペースによりダウンタイムなしで複数拠点間で簡単にファイルアクセス、管理、分散配置することが可能だ。

HyperStore Connect for Filesの展開例

特に、CLOUDIAN HyperStoreは複数データセンター間にファイルを自動的に同期・準同期で複製できるため、サードパーティが提供するミラーリングのためのソフトウェアライセンスを購入する必要がなくなるメリットもあるという。

企業における利用例としてはスケールアウト型のファイルサーバや分散拠点の統合ファイルサーバ、バックアップ・アーカイブ用ファイルサーバ、遠隔拠点にデータを分散配置する災害復旧(DR)対策、クラウドとのデータ連携(ハイブリッドクラウド)などとなる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事