東京都・永青文庫「春画展」の来場者が20万人を突破- 来年2月からは京都へ

 

春画展広報事務局は、東京都・文京区の博物館「永青文庫」で開催されている、春画を主体とした展覧会「SHUNGA 春画展」に関して、開催から84日目の12月21日に来場者数が20万人を突破したと発表した。同展は12月23日まで開催され、2016年2月6日からは京都府・東山の細見美術館にて開催される。

20万人目の入場者となった東さんご夫婦と永青文庫 細川護煕理事長

春画展 「江戸後期 豆判春画」

「SHUNGA 春画展」は、江戸時代を通じて制作され、大名から庶民まで貴賤を問わず広く親しまれた"春画"の名作を集めた展示会。

12月21日、同展の20万人目の入場者となった東直哉さん、彩良さんご夫婦(埼玉県川越市)には、永青文庫 細川護煕理事長より記念品として“"図録"と"江戸後期の豆判春画"が贈られたということだ。

東さんは、「始まる前から前売券を購入していましたが、なかなか仕事などで行けずに今日になりましたが、まさか自分が20万人目になるとは思いもしませんでした」」と驚き、春画展観覧後には「春画を通じて時代の移り変わりがわかって、とても面白かったです。特に肉筆は、着物の柄、色合い、線の細さがすばらしく、表情もやわらかである点に驚きました」と春画についての感想を述べたとのことだ。

また、式典を終えた細川理事長は入場者数が20万人を突破したことについて、「日本で初の春画展で反響の大きさに驚いており、うれしく思っています」とコメントした。

なお、同展は12月23日まで東京都・文京区目白台の永青文庫にて開催されている。入館料は、大人1,500円(18歳未満は入館禁止)。開館時間は9:30~20:00(入館は19:30まで)。来年2月6日からは、京都府・東山の細見美術館で開催される。

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次期Android Nの名称はヌガーに、「ねるねるねるね」落選
[20:40 7/1] パソコン
ASUS、独自の3連ファンを採用したGeForce GTX 1080搭載カード
[20:32 7/1] パソコン
【レポート】バーガーラブが止まらない! マックが打ち出す"日米の味"
[20:01 7/1] 経営・ビジネス
[島崎遥香]女優業が好調 目標は「岩井俊二作品に出ること」
[19:56 7/1] エンタメ
ドスパラ、FF14推奨PCにGeForce GTX 1080搭載のハイエンドモデル
[19:55 7/1] パソコン

求人情報