ハウステンボス、2016年3月から入場料金値上げ - 体験要素の拡充のため

 

ハウステンボスはこのほど、2016年3月1日以降における入場料金体系の改定を発表した。

2016年3月1日以降の新料金

現行の料金

今回発表された改定では、大人(18歳以上)の「1DAYパスポート」は6,400円から6,500円、中人(中高生)は5,400円から5,500円、小人(4歳~小学生)は4,000円から4,100円、シニア(65歳以上)は5,900円から6,000円と、各100円の値上げとなる。その他、「2DAYパスポート」や「光の王国パスポート」、オフィシャルホテル宿泊者専用の「オフィシャルホテル1.5DAYパスポート」などもそれぞれ料金を改定する。

同社は今回の発表について、ハウステンボス内の5つのエリアで常時バージョンアップを行っていることや、新アトラクションの「バンジージャンプ」(日没まで)や「光のスノースライダー」を初回パスポート対象施設として利用可能としたことなどの取り組みに加え、「今後もハウステンボス場内でお客様に体験いただける要素が引き続き拡充していくことから、この度パスポート等の入場料金体系を改定させていただく運びとなりました」としている。

なお、期間限定チケットの料金については、発生次第発表を行うとのこと。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MSI、GeForce GTX 960Mを搭載する14型ゲーミングノートPC「GS40 Phantom」
[17:12 7/1] パソコン
重要性が増す企業でのCSIRT構築および運用における実態調査
[17:09 7/1] 企業IT
JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー