山本彩、ドラマ『火花』に出演「自分に重ねて、がんばろうという気持ちに」

 

ドラマ『火花』に出演するNMB48の山本彩

NMB48の山本彩が、映像配信ネットワーク「Netflix」で来年春に映像化される、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹原作『火花』(全10話)に出演することが21日、分かった。

同作は、主人公である売れない芸人・徳永と、その彼が師と仰ぐ先輩芸人・神谷の姿を通して、「笑いとは」「才能とは」「生きるとは」「人間とは」を描いた、又吉にとって初の純文学作品。芸人初の芥川賞受賞で大きな話題となり、初の映像化に注目が集まる中、徳永を林遣都、神谷を波岡一喜、その神谷を支える女性・真樹を門脇麦が演じる。

山本が演じるのは、物語の入り口となる、徳永と神谷が初めて2人で訪れた熱海の居酒屋店員役。山本は、作品の印象について「上京してきて、夢や野望をもって立ち向かっていく人の熱いメッセージみたいなものが込められているかなとも思います」と語り、「私も自分に重ねて、がんばろうという気持ちにもなったので、ぜひ皆さんにも見ていただいて、自分の目指すものへ取り組んでもらえたらなと思います」とメッセージを寄せている。

染谷将太

田口トモロヲ

菜葉菜

小林薫

また、染谷将太が、徳永がコンビを組むお笑いコンビ・スパークスが所属する芸能事務所・日向企画の社員・緒方健治役として出演。染谷は「この全10話から何がにじみ出てくるのか、楽しみで仕方ありません。そして、楽しみにしてもらえるような作品になるよう、自分ができることをぶつけさせていただいています」と意気込みを語っている。

この日向企画の社長役で田口トモロヲ、緒方の部下役で菜葉菜が出演。さらに、コーヒー屋の主人役で小林薫と、実力派俳優も集結する。

撮影風景

さらに、徳永の相方役には、お笑いコンビ・井下好井の好井まさお、神谷の相方役に、とろサーモンの村田秀亮がそれぞれ決定。コンビ相手の浪岡から「本当にやりやすい」と太鼓判を押された村田は「東京に出てきてからくすぶっていたので、是が非でもいい結果を残したいと思います」と抱負を述べた。

撮影は順調に進んでおり、来年春に全10話(計約450分)で、世界各国で配信をスタートする予定。映画『さよなら歌舞伎町』『ストロボ・エッジ』などを手掛けた廣木隆一が、総監督を務める。

井下好井

とろサーモン

林遣都

波岡一喜

門脇麦

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ

本音ランキング