中村アン、新ドラマで渡部篤郎の秘書役に「すごくうれしくて楽しみ」

モデルの中村アンと、俳優の山崎育三郎が、遠藤憲一と渡部篤郎がダブル主演を務める、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(1月19日スタート、毎週火曜22:00~22:54)に出演することが20日、分かった。

『お義父さんと呼ばせて』に出演する中村アン(左)と山崎育三郎

このドラマは、遠藤演じる中堅商社の独身部長・大道寺保が、28歳年下の女性・花澤美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を決意。しかし、渡部演じる美蘭の父・紀一郎は、娘の結婚相手が自分と同い年という現実が受け入れられず、2人が結婚したい男・させたくない男としてぶつかり合う姿を、林宏司脚本でコミカルに描く。

中村が演じるのは、紀一郎の秘書・愛川希和。仕事上だけでなく、プライベートの悩みも聞いている才色兼備のデキる女だが、紀一郎の不安をあおって騒動を大きくしてしまうトラブルメーカーの一面も持つ。

台本を読んだ中村は「1人で笑いながら次の展開が気になって、毎回ワクワクしています」と期待しながら、「渡部さんの秘書をやらせていただけるのが、すごくうれしくて楽しみです」と撮影を心待ちにしているようだ。

山崎が演じるのは、紀一郎と同じ帝洋物産の社員で美蘭に恋するイケメン・砂清水誠。猛アタックしても振られてしまうが、いちずな思いは終わっていないという役柄だ。

「キラッキラの砂清水」と監督から要望を受けたという山崎。TBS系ドラマ『下町ロケット』でも存在感を示していたが、「社会派ドラマから全く世界観が変わり、コメディ要素もたっぷり、新たな山崎育三郎にも注目していただければと思います」と見どころをアピールしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事