芥川賞に本谷有希子ら6作品、直木賞に柚月裕子ら5作品が候補 - 1月19日発表

 

第154回芥川賞・直木賞の候補作が21日、発表された。選考会は1月19日17時より、東京・築地の料亭「新喜楽」で開催され、受賞作は同日のうちに発表される。

芥川賞候補になったのは、ニッポン放送『オールナイトニッポン』のレギュラーパーソナリティも担当したことがある本谷有希子の『異類婚姻譚』のほか、石田千『家へ』、上田岳弘『異郷の友人』、加藤秀行『シェア』、滝口悠生『死んでいない者』、松波太郎『ホモサピエンスの瞬間』の計6作品。

本谷有希子

石田千 (C)石井孝典

上田岳弘 (C)新潮社写真部

加藤秀行

滝口悠生

松波太郎

直木賞候補になったのは、上川隆也主演のテレビ朝日系スペシャルドラマ『検事の死命』(1月17日放送)の原作者である柚月裕子の『孤狼の血』のほか、青山文平『つまをめとらば』、梶よう子『ヨイ豊』、深緑野分『戦場コックたち』、宮下奈都『羊と鋼の森』の計5作品となっている。

柚月裕子

青山文平

梶よう子

深緑野分

宮下奈都 (C)堀田芳香

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

シャープ、プラズマクラスター技術による結核感染リスクの低減効果を発表
[19:20 9/26] ヘルスケア
ON Semi、低照度産業用イメージングに適した8メガピクセルイメージセンサ
[19:11 9/26] テクノロジー
[沢村一樹]朝ドラ初出演に抱負?「とにかくさわやかに」
[19:09 9/26] エンタメ
日本鉱物科学会が「日本の石」にひすい選定
[19:00 9/26] テクノロジー
「怪獣」と「東京」の切っても切れない関係 - 怪獣ファンが見た『空想脅威展』
[19:00 9/26] ホビー

本音ランキング