EVGA、カーボンファイバー採用ハイエンドモデルなどゲーミングマウス4機種

 

マイルストーンは18日、EVGA製ゲーミングマウス「TORQ」シリーズを発売した。「TORQ X10 Carbon」「TORQ X5L」「TORQ X5」「TORQ X3」の4モデルをそろえ、店頭予想価格は「TORQ X10 Carbon」が税別14,800円前後、「TORQ X5L」が税別8,980円前後、「TORQ X5」が税別6,980円前後、「TORQ X3」が税別4,980円前後。

EVGAとして初のゲーミングマウスとなる。いずれのモデルも左右のサイドにもボタンを備えるほか、専用アプリケーション「EVGA UNLEASH SOFTWARE」から右利き、左利きそれぞれに対応したボタン配置に切り替えられるほか、ボタンへのマクロ設定、LEDの点灯パターンなどを設定できる。

}2.M@TORQ X10 Carbon

「TORQ X10 Carbon」は、ボディにカーボンファイバー、センサーに最大8,200DPIのPixArt製レーザーセンサー「ADNS-9800」を採用した最上位モデル。本体の長さと高さを調節するサイジングシステムを備える。ボタン数は10個で、うち9個にマクロの設定が可能。本体サイズは約W57×D117×H38mm、重量は最小121g、最大134g。

}2.M@TORQ X5L
}2.M@TORQ X5

「TORQ X5L」「TORQ X5」は軽さが特徴のゲーミングマウス。ボディは同一で、異なるセンサーを採用。「TORQ X5L」は「TORQ X10 Carbon」と同様のレーザーセンサー「ADNS-9800」(8,20DPI)、「TORQ X5」は光学センサー「SDNS-3988」(6,400DPI)を搭載する。ボタンは9個でうち8個にマクロを設定可能。本体サイズは約W64×D115×H38mm、重量はTORQ X5Lが92g、「TORQ X5」が85g。

}2.M@TORQ X3

「TORQ X3」はエントリーモデルながら、上位モデルと同様の機能を備える。一方でセンサや、内蔵メモリの容量を調整することでコストを抑えた。センサーは最大4,000DPIの光学センサー「ADNS-3090」を採用する。ボタンは9個でうち8個にマクロを設定可能。本体サイズは約W65×D115×H38mm、重量は83g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー